2018.8.27 20:07(1/3ページ)

C・ロナウドの最適なパートナーはマンジュキッチかディバラか?

C・ロナウドの最適なパートナーはマンジュキッチかディバラか?

C・ロナウドの最適なパートナーはマンジュキッチかディバラか?

C・ロナウドの最適なパートナーはマンジュキッチかディバラか?【拡大】

 クリスティアーノ・ロナウドとの契約はユベントスのファンの心をつかむものであり、他の何にも代えられないと言っていい。実際、キエボ戦では「すまない、愛する人よ。でもCR7のデビューを見逃すわけにはいかないんだ」と書かれた横断幕が掲げられていたほどだ。

 彼のビアンコネリの一員としての挨拶は、長く待望されたものだ。

 ユーヴェは2003年、スポルティング・リスボンの若きスターと移籍で合意したものの、マルセロ・サラスが移籍を拒否したことで、彼のトリノ行きは実現しなかった。

 それ以降ロナウドは、彼自身が入団発表時に認めたように、幾度もユーヴェファンの心を傷つけてきた。昨シーズンのチャンピオンズリーグでユーヴェ相手にオーバーヘッドでシュートを叩き込み、2シーズン前にファイナルの舞台で2ゴールを挙げたことも記憶に新しい。その姿はユーヴェファンの心に深く刻み付けられ、今夏に彼がトリノに来るという噂が立つと彼らは夢中になった。

 幼少期には、“老貴婦人”に夢中になっていたと話しており、それは新たな仲間になるとのユーヴェの信念を強めた。

 このラブストーリーは、いくつかのことを示唆している。

 特にロナウドとパウロ・ディバラは、当初から夢のコンビだと言われていた。

 最初のトレーニングで会ったとき、アルゼンチン代表がバロンドールを5度受賞したスターへの憧れを明かした。そして他のスター選手コンビと同様に、彼らにもすぐ“ディバウド”というニックネームがつけられた。

 そしてさらに、イタリアのソーシャルメディアでは、ディバラが尊敬のまなざしでロナウドの目を見る写真に「ディバラがロナウドを見つめるように、あなたを見てくれる誰かを見つけよう」という文章が出回った。

 だが、フィールド外では素晴らしい関係でも、ピッチ上で良い関係を築くためには少しの努力が必要だ。

 ユーヴェの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリは初戦でロナウドの相棒にディバラを選び、フアン・クアドラードとドグラス・コスタをサイドに、そしてサミ・ケディラとミラレム・ピャニッチを中盤に起用した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. C・ロナウドの最適なパートナーはマンジュキッチかディバラか?