2018.8.27 05:04(1/2ページ)

横浜M・久保がJ1初ゴール!“元バルサ”対決でイニエスタに勝った

横浜M・久保がJ1初ゴール!“元バルサ”対決でイニエスタに勝った

J1初ゴールにガッツポーズの久保。東京五輪を目指す神童の伝説は始まったばかりだ (撮影・安部光翁)

J1初ゴールにガッツポーズの久保。東京五輪を目指す神童の伝説は始まったばかりだ (撮影・安部光翁)【拡大】

 明治安田J1第24節最終日(26日、神戸0-2横浜M、ノエス)元バルサ対決は久保に軍配!! FC東京から期限付きで横浜Mに加入したMF久保建英(たけふさ)が、神戸戦でJ1初先発&初ゴール。2-0の勝利に貢献した。久保の17歳2カ月22日での得点は、J1で2番目の年少記録。神戸の元スペイン代表MFイニエスタ(34)との元バルセロナ対決に注目が集まる中、年の差半分の“後輩”が輝きを放った。

 やはり、神童だ。横浜MのMF久保がJ1初先発で初ゴール。神戸MFイニエスタとの元バルセロナ対決で年の差17の“後輩”が輝かしい記録を刻んだ。

 「ほっとしている。結果を残せたのは、サッカーの神様がいるんじゃないかと思った」

 後半11分。中盤でボールを受け取ると、ドリブルして右サイドの松原へ素早く展開した。ペナルティーエリア内、相手DFと離れた位置で止まり、フリーに。絶妙な折り返しをトラップし「落ち着いて決めるだけだった」と左足でコースを狙ってゴール右に突き刺した。17歳2カ月22日での得点は、2004年に15歳11カ月28日で決めたFW森本(当時東京V、現J2福岡)に次ぐ2番目の年少記録。この日の神戸は後半にJ史上最多の外国選手6人が同時出場した。“久保包囲網”が敷かれる中でネットを揺らした高校生Jリーガーは、一目散にポステコグルー監督に走り寄って抱きついた。

【続きを読む】

  • 34歳のイニエスタ(右)と競り合う17歳の久保。元バルサ対決は、“後輩”に軍配が上がった(撮影・甘利慈)
  • 詰め寄る相手選手は関係ない。久保(手前)が強引に左足を振り抜いた
  • 久保建英・J1全成績
  • 久保とイニエスタの比較
  • J1・年少得点5傑
  • 後半11分、横浜M・久保の先制ゴール
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 横浜M・久保がJ1初ゴール!“元バルサ”対決でイニエスタに勝った