2018.8.26 06:50

ナポリ、2戦連続の逆転勝ち!師弟対決はアンチェロッティに軍配

ナポリ、2戦連続の逆転勝ち!師弟対決はアンチェロッティに軍配

 現地時間25日、イタリア・セリエAは第2節が行われ、ナポリはホームのサン・パオロにACミランを迎えた。

 ジェノアとの開幕戦が延期となったACミランにとっては、これがシーズン最初の公式戦。かつてACミランの監督としてチャンピオンズリーグを制したカルロ・アンチェロッティが、ナポリの指揮官としてACミランの前に立ちはだかる。ACミランの指揮を執るのは、当時選手としてプレーしていたジェンナーロ・ガットゥーゾ。師弟対決の行方は、最後まで目が離せない点の取り合いとなった。

 先に仕掛けたのはホームのナポリ。5分、左クロスをファーサイドのホセ・カジェホンが折り返し、最後はアランがボレーで捉えるもミートしきれず、力ないシュートはGKジャンルイジ・ドンナルンマがセーブする。

 その後もナポリが攻勢に試合を進め、ACミランは我慢の時間帯が続く。すると15分、ACミランにカウンターのチャンス。ロングパスを右サイドに開いて受けたスソのクロスをファーサイドのファビオ・ボリーニが難しい体勢から頭で折り返す。これをジャコモ・ボナベントゥーラがカンフーキックのようなボレーでゴール右へと叩き込み、守勢に回っていたACミランが最初のチャンスをゴールに結び付ける。

 追いかける格好となったナポリだが、アンチェロッティ体制下でレジスタの位置に入っているマレク・ハムシクを中心にボールは回るものの、なかなかACミランのゴール前に侵入することができない。

 一方のACミランも、先制こそしたものの、トップで張るゴンサロ・イグアインにほとんどボールが入らず。時おり鋭いカウンターを見せるものの、ナポリの守備への切り替えも速く、シュートチャンスにはつながらない。

 ACミランが1点をリードしたまま迎えた後半、ナポリの猛攻が予想されたが、開始早々にチャンスを掴んだのはACミラン。49分、ロングパスをペナルティーエリア右で受けたスソが落とすと、後方から走りこんできたダヴィデ・カラブリアがダイレクトでゴール左隅へと流し込み、ACミランが貴重な追加点を奪う。

 2点のビハインドを背負い、攻めるしかないナポリは53分、高い位置でボールを奪うと、ペナルティーエリア手前でカジェホンの横パスを受けたピオトル・ジエリンスキがゴール右隅へと流し込んで1点を返す。

 勢いに乗るナポリは55分、ロレンツォ・インシーニェがアウカディウシュ・ミリクに送ったラストパスがDFに当たって跳ね返るも、自ら拾ってシュートを放つ。GKドンナルンマが一歩も動けないシュートは、わずかにゴール左へと外れる。

 ナポリの勢いに歯止めをかけたいACミランは58分、ルーカス・ビグリアに代えてティエムエ・バカヨコを投入するが、1点を追うナポリはさらに攻勢を強める。63分には、再びジエリンスキが決定機を得るも、シュートは枠の外。直後、アンチェロッティ監督はハムシクに代えてドリース・メルテンスを投入し、4-2-3-1へとシステムを移行する。

 すると67分、右CKはバカヨコにクリアされるが、こぼれ球をペナルティーエリア手前のジエリンスキがダイレクトボレー。これがゴール右隅へと突き刺さり、ドッピエッタ(2得点)でナポリが同点に追いつく。

 追いつかれたACミランは70分、ボリーニに代えてディエゴ・ラクサールを投入。対するナポリもジエリンスキに代えてアマドゥ・ディアワラ、マリオ・ルイに代えてセバスティアーノ・ルペルトを投入し、互いに勝ちに行く姿勢を見せる。

 この采配が奏功したのは、ホームのナポリだった。80分、ディアワラのスルーパスに抜け出したアランが、ペナルティーエリア右からゴール前に折り返す。GKとDFラインの間を綺麗に抜けていったボールを、ファーポストに走りこんでいたメルテンスが押し込んでナポリが逆転に成功。サン・パオロが熱狂に包まれた。

 ついに逆転を許したACミランだが、なかなか攻撃の形を作ることができない。87分には、左サイドを抜けたラクサールの折り返しを、ゴール前のイグアインがシュート。しかし、自身この試合最初のシュートはゴール上へと大きく打ち上げてしまう。

 終盤は前がかりになって攻めるACミランに対し、ナポリは集中した守備でしのぎつつもカウンターを仕掛け、あわや4点目という場面も作ったが、試合はそのまま終了。ナポリが2試合連続となる逆転勝ちで開幕2連勝を飾った。

 勝利したナポリは次節、敵地でサンプドリアと対戦。敗れたACミランはホームにローマを迎える。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ナポリ、2戦連続の逆転勝ち!師弟対決はアンチェロッティに軍配