2018.8.24 21:54

元レアルトレーナーが明かすロナウド「頭も王者。若手は練習を見学すべき」

元レアルトレーナーが明かすロナウド「頭も王者。若手は練習を見学すべき」

「頭も王者。若手は練習を見学すべき」

「頭も王者。若手は練習を見学すべき」【拡大】

 過去にFWクリスティアーノ・ロナウドに指導した経験を持つフィジカルトレーナーのジョヴァンニ・マウリ氏が、イタリア紙『トゥット・スポルト』のインタビューに応じ、ユベントスFWとのエピソードを明かしている。

 フィジカルトレーナーのマウリ氏は、名将カルロ・アンチェロッティの下、Rマドリードで2年間にわたり、C・ロナウドを指導した経験がある。マウリ氏は、ポルトガル代表FWのプロフェッショナルぶりを称賛している。

 「私がトレーニングを指導した7人のバロンドール受賞者、いや(パオロ)マルディーニも受賞者と同等とすると8人のうちでは、おそらく彼(C・ロナウド)が最強と言える。頭もフィジカルも王者だ。体が発信するあらゆるシグナルに気を配っている。彼自身がトレーナーみたいなものだろう」

 またマウリ氏は当時を振り返り、C・ロナウドとのやり取りを紹介。彼のストイックさを若手も見習うべきだと強調した。

 「ある時、『先生、水をやりすぎると植物は枯れてしまうよ』と言われたことがある。その時のトレーニングの負荷が重すぎて、体に悪影響を及ぼすかもしれないと考えて、こんな言い方で私に伝えたのだろう。自分を知るということは、サッカー選手にとって重要なことだ。マルディーニもそうだった。トレーニングの際、常に3つの要素を意識していた。献身性、競争意識、そして気持ち良く過ごすことだ」

 「チャンピオンズリーグの遠征から戻ると夜中の2時だった。だが彼はスポーツセンターに少なくとも1時間は残り、ボディーケアやクライオセラピーを行っていた。健康的に過ごすだけではなく、体の回復にも非常に献身的だった。若手を連れて行き、彼のトレーニングを見学させるべきだよ。若手の中には嫌々やっている者を見かけるが、彼は常に笑顔だからね」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. 元レアルトレーナーが明かすロナウド「頭も王者。若手は練習を見学すべき」