2018.8.24 19:58(1/2ページ)

ニース会長、移籍希望から一転して残留のバロテッリを歓迎「リーダーの役割を彼に」

ニース会長、移籍希望から一転して残留のバロテッリを歓迎「リーダーの役割を彼に」

ニース会長、移籍希望から一転して残留のバロテッリを歓迎

ニース会長、移籍希望から一転して残留のバロテッリを歓迎【拡大】

 今夏の移籍が濃厚とされながらもニース残留を決断したFWマリオ・バロテッリについて、ジャン・ピエール・リヴェール会長はクラブ公式ウェブサイトのインタビューの中で言及し、擁護した。

 バロテッリは当初、昨シーズン限りでのニース退団を希望していたが、一転してチーム残留を発表した。ニースのリヴェール会長は、2年間にわたりエースとしてチームをけん引したバロテッリの決断を歓迎した。

 「マリオは間違ったことをしたわけではない。そんなことを考えるなんて不快だ。このようなケースにおいて、細かい説明をすることは稀だが、今回については必要と思われる。マリオはいつも私に言ってくれた。『もしニースがフランスでトップを争えるのなら、長く残りたい』とね。1年目のシーズン終了後には、2019年6月までの新契約にサインをした。この契約には、彼の残留に関してカギとなる要素が記されていた。ヨーロッパのカップ戦についてだ。出場権を得ることができれば、マリオを引き留めるだけの財力が我々にはあったはずだ。だが失敗してしまった。このため契約の条項に従い、彼の年俸を大幅に引き下げる必要があった」

 「したがって昨シーズン終了後、彼に状況を説明した。マリオが届いたオファーをすべて検討するのは当然のことだ。中でも中国から非常に重要なオファーがあった。断る人は少ないほどのものだが、高いレベルのリーグでプレーすることが唯一の最優先事項だとして、彼はすぐさま拒否した。マルセイユのオファーには興味を示していたので、我々の許可を得た上で話を聞き、マルセイユの施設も見学した。他のクラブについても同様だ」

 続いてニース会長は、バロテッリがチームの練習に姿を見せず、パトリック・ヴィエラ監督から注意を受けたことについても言及。イタリア代表FWを擁護した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. フランス
  4. ニース会長、移籍希望から一転して残留のバロテッリを歓迎「リーダーの役割を彼に」