2018.8.21 07:44

ドルトムント、2部相手に苦しむも延長後半ATのロイス弾で劇的逆転勝利!香川はメンバー外

ドルトムント、2部相手に苦しむも延長後半ATのロイス弾で劇的逆転勝利!香川はメンバー外

特集:
香川真司
ドルトムント、2部相手に苦しむも延長後半ATのロイス弾で劇的逆転勝利!香川はメンバー外

ドルトムント、2部相手に苦しむも延長後半ATのロイス弾で劇的逆転勝利!香川はメンバー外【拡大】

 DFBポカールは20日に1回戦が行われ、ドルトムントはグロイター・フュルトと対戦した。

 今季からルシアン・ファーブル監督が就任したドルトムント。2012年以来のブンデスリーガ制覇を目指し、リーグ初戦前にカップ戦で今季の開幕を迎えた。

 香川真司はが遠征メンバーから外れた中、ファーブル監督は中盤3枚にダフード、デラニー、ゲッツェを起用。最前線にはロイスが入っている。

 2部チームに対してボールを保持率、シュート数で上回るドルトムントだが、なかなか先手を奪えない。74分に新加入のヴィッツェルを投入するなど打開を試みるが、逆に77分には相手に先制点を許してしまう。

 その後もボールを持ちながら攻め続けたドルトムントだったが、同点弾を奪えず試合は後半アディショナルタイムに突入する。このまま終了かと思われたが、95分にヴィッツェルが起死回生の同点ゴールを挙げる。

 両者の激闘は90分で決着がつかず、試合は延長戦へ。延長戦でもなかなか試合は動かず、決着はPK戦に委ねられるかに思われた。

 しかし121分、途中出場のサンチョのアシストから、キャプテンのロイスが値千金の決勝ゴール。4度の優勝誇るドルトムントは2-1で逆転勝利し、なんとか2回戦に駒を進めた。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. ドルトムント、2部相手に苦しむも延長後半ATのロイス弾で劇的逆転勝利!香川はメンバー外