2018.8.19 13:13

「階級を買うことはできない」モウリーニョ監督が宿敵マンCの記録映画に苦言

「階級を買うことはできない」モウリーニョ監督が宿敵マンCの記録映画に苦言

「階級を買うことはできない」モウリーニョ監督が宿敵マンCの記録映画に苦言

「階級を買うことはできない」モウリーニョ監督が宿敵マンCの記録映画に苦言【拡大】

 マンチェスターUのジョゼ・モウリーニョ監督は、「敬意を欠く」ドキュメンタリー映画を作成したとして宿敵マンチェスターCを批判した。

 2017-18シーズンに数々の新記録を打ち立て、圧倒的な強さでプレミアリーグ優勝を飾ったマンチェスター・C。その歴史的な1年の裏側を記録したドキュメンタリー映画『All or Nothing』が17日にリリースされた。

 その第2章では、昨年12月にオールド・トラッフォードで行われた2-1でマンチェスター・Cが勝利した一戦をフォーカス。この中のナレーションで「これはグアルディオラ対モウリーニョの直接対決で、ポゼッション対ディフェンス、攻撃的なフットボール対“パーク・ザ・バス”の一戦だ」と紹介され、マンチェスター・Cのサポーターがユナイテッドの戦術を“パーク・ザ・バス”と揶揄する映像も使われていた。

 イギリス『スカイスポーツ』でこのドキュメンタリーについての意見を求められたモウリーニョ監督は、「ファンタスティックな映画を作ることは構わないが、それと同時に他人にも敬意を払う必要がある」と苦言を呈している。

 「相手を蔑むファンタスティックな映画を作る必要などない。君たちはリッチなクラブで、世界中からベストプレーヤーを買い漁れるが、階級を買うことはできない。彼らはそれを明らかにしてしまったし、これは誰が見ても明白だ」

 また、モウリーニョ監督は復権を目指す今シーズンの展望についても話した。

 「リバプールは驚くほどの投資をしてタイトル獲得を目指す。チェルシーにも良いメンバーがいるし、マンチェスターCもファンタスティックなチームを持っている。それにトットナムは選手を引き留めるために多くの資金を投じたし、最初の2試合を落としたアーセナルも昨シーズンより良くなっている」

 「とても厳しいシーズンになるに違いないと私は考えている」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. 「階級を買うことはできない」モウリーニョ監督が宿敵マンCの記録映画に苦言