2018.8.18 21:24

マルセイユ指揮官「サカイが教えてはダメ」新加入クロアチア代表DFの仏語習得でジョーク

マルセイユ指揮官「サカイが教えてはダメ」新加入クロアチア代表DFの仏語習得でジョーク

マルセイユ指揮官「サカイが教えてはダメ」新加入クロアチア代表DFの仏語習得でジョーク

マルセイユ指揮官「サカイが教えてはダメ」新加入クロアチア代表DFの仏語習得でジョーク【拡大】

 マルセイユに今夏加わったクロアチア代表DFドゥイェ・チャレタ=ツァルについて、リュディ・ガルシア監督が会見の場で語っている。

 ザルツブルクから加わったチャレタ・ツァルは、今夏マルセイユが補強した唯一の新戦力。だが、同選手はフランス語の習得に不安を残しているという。

 「みんながチャレタ=ツァルを歓迎していて、楽しくやっているみたいだよ。だけど、彼はまだフランス語に不安があるから、英語を交えながらコミュニケーションを取っているみたいだ」

 指揮官は「そうだね。彼にはもっと言葉のレッスンが必要だと思う。だけど、酒井宏樹がチャレタ=ツァルにフランス語を教えちゃだめかもね」と酒井の名前をあげ、ジョークを交えて語った。

 チャレタ=ツァルはドイツ語圏のオーストリアからやってきたこともあり、英語とドイツ語を交えながら、コミュニケーションを取っていると報じられていた。その一方で酒井宏樹にとって、チャレタ=ツァルはフランス語の語学力向上という共通の課題を抱えた、ライバルとなっているようだ。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. フランス
  4. マルセイユ指揮官「サカイが教えてはダメ」新加入クロアチア代表DFの仏語習得でジョーク