2018.8.17 19:29

「ゴール決めるはず」武藤にニューカッスル指揮官も期待

「ゴール決めるはず」武藤にニューカッスル指揮官も期待

特集:
武藤嘉紀
「ゴール決めるはず」武藤にニューカッスル指揮官も期待

「ゴール決めるはず」武藤にニューカッスル指揮官も期待【拡大】

 ニューカッスル・ユナイテッドのラファエル・ベニテス監督は、新加入のサロモン・ロンドンと武藤嘉紀が「違いを作れる選手」であると考えているようだ。

 今夏の移籍市場で、アレクサンダル・ミトロヴィッチとドワイト・ゲイルを放出したニューカッスルだが、入れ替わる形でFW陣にロンドンと武藤を加えた。ベニテス監督は、地元メディア『クロニクル・ライブ』で前線の起用方法について話している。

 その中で、強靭さと俊敏さを持つロンドンがファーストチョイスになり得ると認めたベニテス監督は、今夏に950万ポンド(約14億円)で獲得した武藤が退団したゲイルの代役としてだけではなく、チームにプラスをもたらす選手だと期待を口にした。

 「ドワイトは速さがあって、良い動きができていたが、ムトウも速く走れ、上手くスペースを使える選手だ。それに彼はドワイトと同様にハードワーカーで、チャンスを作り、我々のために得点を挙げてくれるはずだ」

 「彼が非常に実用的かって?彼のことを我々はあまり知らないのだから様子を見てみよう。ドイツでは決して20ゴールを決めるような選手ではなかったが、彼はプレミアリーグに馴染め、得点を挙げてくれるだろう。すぐにゴールを奪うだろう。何ゴールかって?それは私にはわからない」(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. 「ゴール決めるはず」武藤にニューカッスル指揮官も期待