2018.8.17 05:03(1/3ページ)

森保U-21、連勝で決勝T進出決めた!モヤモヤ晴らした4発/アジア大会

森保U-21、連勝で決勝T進出決めた!モヤモヤ晴らした4発/アジア大会

特集:
アジア大会
開始早々に先制ゴールを奪った岩崎(右)。ゴールラッシュの口火を切った(撮影・松永渉平)

開始早々に先制ゴールを奪った岩崎(右)。ゴールラッシュの口火を切った(撮影・松永渉平)【拡大】

 アジア大会1次リーグD組(パキスタン0-4日本、16日、チカラン)男子の1次リーグD組で、2020年東京五輪世代のU-21(21歳以下)代表で臨む日本がパキスタンを4-0で下して2連勝。勝ち点6で2位以上が確定し、ベトナムとの第3戦(19日)を残して決勝トーナメント(T)進出を決めた。2得点のMF岩崎悠人(20)=京都=がフル代表を兼任する森保一監督(49)にアピール。女子の1次リーグも始まり、C組の日本はタイに2-0で勝った。

 ゴールに飢えた若き森保ジャパンが牙をむいた。開始10分で3得点の猛攻を仕掛け、4-0の快勝。頬をなでる風が涼を運んだ気温32度のチカランのピッチで、森保監督は手応えをつかんだ。

 「選手は試合の入りから『勝つんだ』というプレーを見せてくれた。選手の姿勢を評価したい」

 20歳のMF岩崎が口火を切った。開始2分。自陣からのロングボールを胸で巧みにトラップし、右足で柔らかいタッチ。電光石火でネットを揺らした。さらに前半35分。ゴール前でパスを受け、右足を一閃。今度は豪快な一撃を決めた。

【続きを読む】

  • 前半、先制ゴールを決める岩崎=チカラン(撮影・松永渉平)
  • 前半、攻める岩崎=チカラン(撮影・松永渉平)
  • 前半、ゴールを決める岩崎=チカラン(共同)
  • 前半、ゴールを決める旗手=チカラン(撮影・松永渉平)
  • 前半、2点目のゴールを決めた旗手(9)を祝福する日本イレブン=チカラン(共同)
  • 前半、旗手のゴールに喜ぶ日本イレブン=チカラン(撮影・松永渉平)
  • 前半、ゴールを決める前田(右)=チカラン(共同)
  • 前半、ゴールを決めた前田とハイタッチする旗手=チカラン(撮影・松永渉平)
  • 日本のパキスタン戦スタメン
  • 日本のネパール戦(14日)スタメン
  • サッカー男子・ジャカルタ・アジア大会1次リーグD組勝敗表
  • サッカー男子・U-21日本代表アジア大会成績と今後の日程
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 森保U-21、連勝で決勝T進出決めた!モヤモヤ晴らした4発/アジア大会