2018.8.11 13:31(1/4ページ)

冨安、遠藤ら日本人選手たちが中核を成す可能性も…『プレーオフ1』進出狙うシント・トロイデン

冨安、遠藤ら日本人選手たちが中核を成す可能性も…『プレーオフ1』進出狙うシント・トロイデン

特集:
遠藤航
冨安健洋
冨安、遠藤ら日本人選手たちが中核を成す可能性も…『プレーオフ1』進出狙うシント・トロイデン

冨安、遠藤ら日本人選手たちが中核を成す可能性も…『プレーオフ1』進出狙うシント・トロイデン【拡大】

 ■遠藤航がデビュー。冨安は2戦連続フル出場

 シント・トロイデンの遠藤航が鮮烈なデビューを果たした。

 ともにリンブルフ州に本拠を置くヘンクとシント・トロイデンとのダービーマッチでベンチ入りした遠藤は、後半の69分に交代出場してから2分後に同点ゴールをマークし、アウェー戦で貴重な勝ち点1を得る立役者となった。

 7月31日に正式登録された遠藤はベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第2節のヘンク戦がシント・トロイデンでの自身デビュー戦となった。シント・トロイデンのマーク・ブライス監督は後半のスコアレスが続く状況でウォーミングアップ中の彼を呼んでライン際で仔細な指示を与えていたが、その最中にウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキーに直接FKを決められてヘンクにリードを許してしまった。遠藤はチームの司令塔にして攻撃のスターターでもあるロマン・ベズスとの交代を予定していたため、チームとしてはスコアレスのまま試合を推移させる戦略に切り替える節があった。いわばプランが崩れたわけだが、それでもブライス監督は遠藤をピッチへ送り出してチームの引き締めを図った。

 ヨーロッパクラブでの初ゲームにも関わらず、遠藤の所作は実に落ち着いていた。ピッチに立つとすぐさま味方選手に自らのポジションを伝え、システムの徹底を促す。そして、すぐさま味方からパスを受けるとワンタッチを駆使して中盤を活性化させていく。後半のシント・トロイデンはヘンクにゲームの主導権を握られて守勢に回っていたが、遠藤の登場によって流れは確実に変わった。そして71分、遠藤はFWヨアン・ボリにボールを預けて相手ゴール前まで進出し、ボリからの折返しを右足インサイドで捉えてゴール左下へ蹴り込んで試合を振り出しに戻した。推進力のある前への挙動、ワンタッチで蹴り込んだシュート精度が光ったが、中でも一連の流れのファーストタッチでノールック気味に前線へワンタッチパスを繰り出した判断が秀逸だった。これは『ボランチで勝負したい』と語ってベルギーへ向かった遠藤が中盤の局地戦で広角な視野を保ち、冷静なプレー判断できることの証でもある。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 冨安、遠藤ら日本人選手たちが中核を成す可能性も…『プレーオフ1』進出狙うシント・トロイデン