2018.8.10 17:20(1/3ページ)

「熱」はイタリア以上 長友、ガラタサライで熱くタフに戦い抜く

「熱」はイタリア以上 長友、ガラタサライで熱くタフに戦い抜く

特集:
長友佑都
「熱」はイタリア以上 長友、ガラタサライで熱くタフに戦い抜く

「熱」はイタリア以上 長友、ガラタサライで熱くタフに戦い抜く【拡大】

 ●立ち位置

 左サイドバックの主力

 ●個人への期待、目標

 コンスタントな出場、CLでの上位進出

 ●ポジション争いのライバル

 リオネル・キャロル

 ■ACミランからイスタンブールへ。指揮官からの直電話

 今年1月、7年間プレーしたインテルミラノからガラタサライへ期限付き移籍し、今季完全移籍に踏み切った長友佑都。2018-19シーズンのトルコ・シュペルリガは、8月10日のアンカラ・ギュジュvsガラタサライで幕を開ける。長友は昨季、ハーフシーズンを戦い、リーグ戦15試合、カップ戦1試合に出場。イスタンブールの名門の3シーズンぶりとなるリーグ制覇に貢献した。今季はリーグ連覇、そして自身7年ぶりとなるチャンピオンズリーグでの上位進出を懸けた勝負のシーズンとなる。

 「ガラタサライのサッカーは躍動感にあふれているし、僕自身をチームメイトがすごく生かしてくれる。やっていてメチャクチャ楽しい」

 昨シーズン中から繰り返し充実感を語っていただけに、トルコの名門クラブの一員としてフル稼働できる今季は、非常にモチベーションが高いことだろう。

 昨季前半、ガラタサライの左サイドバックはルーマニア人DFヤスミン・ラトブレビチが務めていた。しかし、守備の脆さやミスの多さが目立ち、ファティ・テリム監督も頭を抱えていたという。センターバックを本職とする184cmの長身DFハカン・バルタを左で使う試みもしたが、どうしてもうまくいかない。そこで指揮官は長友に直々に電話を入れ、得意のイタリア語を駆使して説得に打って出た。

 「テリム監督から誘われて、(ヴェスレイ)スナイデルやフェリペ・メロ、(ロベルト)マンチーニ監督に相談したら『最高のクラブだから行け』とストレートに言われた。サッカー人生を考えたら迷いはなかったですね」

 すぐさま新天地に赴く決断を下しチームに加わると、左サイドで獅子奮迅の働きを見せた。彼の加入によってガラタサライの失点は劇的に減り、攻守両面のバランスが非常に良くなった。昨季終盤はフェネルバフチェ、バシャクシェヒル、ベシクタシュと激しいタイトル争いを繰り広げたが、経験豊富な長友の存在もあり、逃げ切りに成功。CL出場権も手に入れた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 「熱」はイタリア以上 長友、ガラタサライで熱くタフに戦い抜く