2018.8.9 12:10(1/4ページ)

武藤嘉紀、レギュラー奪取に必要な克服すべき最大の弱点

武藤嘉紀、レギュラー奪取に必要な克服すべき最大の弱点

特集:
武藤嘉紀
武藤嘉紀、レギュラー奪取に必要な克服すべき最大の弱点

武藤嘉紀、レギュラー奪取に必要な克服すべき最大の弱点【拡大】

 ●立ち位置

 バックアッパーからのスタート

 ●個人への期待、目標

 レギュラー確保。年間10ゴール

 ●ポジション争いのライバル

 サロモン・ロンドン(新加入のベネズエラ代表FW)

 ■迷える古豪を再建するベニテスという監督

 イングランド北部に位置するニューカッスル・ユナイテッドは、過去4度のリーグ優勝を誇る名門クラブである。熱心で情熱的なサポーターを持ち、本拠地セント・ジェームズ・パークは5万2000人を収容。昨シーズンのホームゲームは毎試合ほぼ満席だった。完売にならなくても、常に「来場率98.5%以上」という驚異的な数字を残している。

 しかし残念なことに、こうした人気の高さが成績に結びついていない。4度のリーグ優勝は1904-05、1906-07、1908-09、1926-27シーズンと、いずれも20世紀初頭のこと。1992年のプレミアリーグ開始以降は、1995-96年と1996-97年の2位が最高で、優勝には縁がない。

 特に、2007年に英国でスポーツ用品のディスカウントショップ「スポーツ・ダイレクト」を経営するマイク・アシュリーがオーナーに就任してから、クラブに停滞感が漂うようになった。「北の古豪」と謳われながら、2部降格の屈辱を2度も経験。成績不振を理由に指揮官も頻繁に入れ替わり、その結果、チームパフォーマンスにも一体感がなくなった。

 こうした負の風向きが変わったのは、16年3月にスペイン人のラファエル・ベニテス監督が就任してからだ。就任時はすでに降格が決定的な情勢にあり、チャンピオンズリーグ優勝経験を持つベニテス監督(リバプール時代の04-05シーズン)をもってしても降格危機から救えなかった。しかし、実直な性格で知られる指揮官は続投を決断。ビッグクラブでの経験も豊富な智将は規律と組織力を植え付け、降格した翌シーズンに2部で優勝に導き、わずか1年でプレミアリーグに引き上げた。

 そしてプレミアリーグに復帰した昨シーズン、迷える名門を10位に導いたのだ。今オフにスペイン代表監督への就任も噂されたベニテスだが、今季もニューカッスルを率いることになったのは何よりの朗報だろう。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. 武藤嘉紀、レギュラー奪取に必要な克服すべき最大の弱点