2018.8.4 15:03(1/3ページ)

矛と矛が交わる神奈川夏の陣 川崎と横浜Mが30回目のダービーへ

矛と矛が交わる神奈川夏の陣 川崎と横浜Mが30回目のダービーへ

矛と矛が交わる神奈川夏の陣 川崎Fと横浜FMが30回目のダービーへ

矛と矛が交わる神奈川夏の陣 川崎Fと横浜FMが30回目のダービーへ【拡大】

 明治安田生命J1リーグはいよいよ第20節に突入。等々力陸上競技場では5日に川崎フロンターレと横浜F・マリノスの神奈川ダービーが開催される。

 ■連覇へもう負けられない川崎F

 通算30回目の対戦となる川崎Fと横浜FMの神奈川ダービー。過去29回の対戦では12勝5分12敗とまったくの互角であり、これまで何度も激闘を演じてきた。直近5試合の対戦成績に絞れば川崎Fが3勝1分1敗と勝ち越しており、さらにいまのチーム状況を鑑みれば、上位につける川崎Fが優位に立つことが想像できる。しかし、ダービーとなるとその予想はまったく当てにならないだろう。

 事実、川崎Fは前節、浦和レッズに0-2と完敗。2試合連続ゴール中であった最前線の小林悠が何度も決定機を迎えながら、1点も奪うことができなかった。圧倒的にボールを保持して攻撃の糸口を見いだしたが、組織的な守備で中央を固める浦和を崩せず。連勝も4でストップした。

 鬼木達監督は浦和戦の敗因について「点を取るか取られるかが大事になってくるところ、しっかり決めきるかという部分で差が出た」としつつ、相手にスペースを消されたときの対処が間に合わなかったと反省の弁を述べた。

 「下だけではなく上のスペースというところでチャンスを作っていますし、引いた相手に焦れず、もう少し中と外を使い分けていきたかった」

 中村憲剛や大島僚太といった出し手が、出しどころに悩む場面も見られただけに、引いた相手に対して、スペースがない状況でどう切り込んでいくのかが今後の課題となりそうだ。

 そして、指揮官はチャンスをモノにできなかった小林を擁護。「自分たちのエース。信頼して使っている」ことを強調し、「難しいゲームで何度も決めてきた選手。(浦和戦は)彼の日ではなかったかもしれない。ただ、次に向けて気持ちを切り替えてほしい」と期待を込めていた。当の小林も「本当に自分の責任」と反省しつつも、「(ゴールを)外して自分は成長してきた部分はある。ここをまた自分で成長できる試合にしたい」と前を向いた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 矛と矛が交わる神奈川夏の陣 川崎と横浜Mが30回目のダービーへ