2018.8.3 13:59(1/2ページ)

U-21森保監督、東京五輪意欲の本田らベテランに「心強い」

U-21森保監督、東京五輪意欲の本田らベテランに「心強い」

特集:
森保JAPAN
本田圭佑
第18回アジア競技大会に出場するU-21日本代表を発表する森保監督=東京都文京区(撮影・蔵賢斗)

第18回アジア競技大会に出場するU-21日本代表を発表する森保監督=東京都文京区(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 日本サッカー協会(JFA)が3日、第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)に臨むU-21日本代表のメンバーを発表し、森保一監督が記者会見に出席した。

 森保監督ははじめに「本来であれば今回のメンバー発表、男子女子できる形が良かったんですけど、サッカー男子女子いい結果を出して応援してくださる方が喜んでもらえるようにベストを尽くしたい」と意気込みを語る。

 今大会では初招集の舩木翔、岡崎慎が呼ばれた一方で、韓国代表のソン・フンミンのようにオーバーエイジ枠を活用することはなかった。森保監督はOA枠に関して「次の大会から」と語り、経験のある選手がチームに加わるプラスアルファを口にしている。

 「監督、コーチ、指導者から色んな影響を受けて成長するということはもちろんありますが、経験のあるベテラン選手から一緒にプレーして感じる部分がある。経験の浅い選手は成長するので。東京五輪代表チームで起こっているミスはわりと同じで、失点については改善されたと聞いているが、例えば1失点すると短時間で複数失点するメンタルが落ちてしまうとか、踏ん張りきれていない。そういうところで経験豊富な選手がいたら良いですね」

 「そこは東京五輪世代のこれまでの課題でお話したが、色んなところで経験のある選手から伝えてもらうのは大きいと思うので、その融合は早いほうがいい。タイミングは考えていきたい。本大会が一番大事なので、最強のチームで臨めるようにチーム作りしていきたい。大会が近くなればなるほど、チームとして固めていくところはあるが、それも全部自然だし、この世代の選手だけではなくて実力や調子だけでパフォーマンスが変わるのはサッカー界だと思うし、だんだんコアなチームを作っていくことに変わりはないが、競争は常にある」

【続きを読む】

  • 第18回アジア競技大会に出場するU-21日本代表を発表する森保監督=東京都文京区(撮影・蔵賢斗)
  • 第18回アジア競技大会に出場するU-21日本代表を発表する森保監督=東京都文京区(撮影・蔵賢斗)
  • U-21森保監督、東京五輪意欲の本田らベテランに「心強い」
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. U-21森保監督、東京五輪意欲の本田らベテランに「心強い」