2018.8.1 06:57

本田豪州行きは国家プロジェクト?メルボルン、連盟、メディアが年俸3億円負担か

本田豪州行きは国家プロジェクト?メルボルン、連盟、メディアが年俸3億円負担か

特集:
本田圭佑
本田豪州行きは国家プロジェクト?メルボルン、連盟、メディアが年俸3億円負担か

本田豪州行きは国家プロジェクト?メルボルン、連盟、メディアが年俸3億円負担か【拡大】

 キャリア続行を明らかにしていた本田圭佑だが、新天地はやはりオーストラリアになるようだ。『Four Four Two』オーストラリア版が伝えている。

 ロシア・ワールドカップでは、途中出場がメインながらセネガル戦で同点弾を挙げるなど、勝負強さを見せて2大会ぶりのベスト16進出に貢献した本田。しかし、昨季限りでパチューカを退団して以降、所属クラブが決まっていない状況だった。

 そんな本田は、31日に自身のツイッターを更新。「なぜサッカーを続けるのかという新しい目標を決めた。数日中に新しいクラブに関して決断を下す」とし、現役続行を宣言していた。

 オーストラリアAリーグのメルボルン・ヴィクトリーが獲得に熱心だと伝えられていたが、やはり移籍先は豪州になるようだ。

 『Four Four Two』によると、本田は年俸290万ドル(約3億円)の1年契約でメルボルンへ加入。クラブは、年俸の内130万ドル(約1億5000万円)を負担し、残りの160万ドル(約1億8000万円)をオーストラリアサッカー連盟と『Fox Sports』が支払うことになるようだ。なお、加入は数日中に決定する見込みであるという。

 報道が事実であれば、本田の加入は、オーストラリアを挙げての一大プロジェクトになる。32歳のMFは、初挑戦の地でどのような活躍を見せてくれるのだろうか。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 本田豪州行きは国家プロジェクト?メルボルン、連盟、メディアが年俸3億円負担か