2018.8.1 13:47(1/3ページ)

昨季2冠C大阪に何が起きているのか? J1制覇へ必要なのは“守備の再構築”と“したたかな戦い”

昨季2冠C大阪に何が起きているのか? J1制覇へ必要なのは“守備の再構築”と“したたかな戦い”

昨季2冠C大阪に何が起きているのか? J1制覇へ必要なのは“守備の再構築”と“したたかな戦い”

昨季2冠C大阪に何が起きているのか? J1制覇へ必要なのは“守備の再構築”と“したたかな戦い”【拡大】

 セレッソ大阪は、7月28日の明治安田生命J1リーグ第18節でベガルタ仙台と2-2のドローで終えた。この試合には日本代表の新監督に就任した森保一氏が初の視察に赴くなど、様々な面で注目度の高い一戦となった。

 18日のJ1再開後、未勝利と苦境に陥っているC大阪は、開始11分に丸橋祐介が直接FKを沈めて、幸先良く先制点を奪取した。JリーグYBCルヴァンカップと天皇杯の2冠を達成した昨季は、この1点をしっかりと守り切り、追加点を奪うほどの試合巧者ぶりを見せつけていた。しかし、ここ最近の彼らは守備の綻びが目立つ。今回も30分に左からのクロスに仙台FW西村拓真に飛び込まれ、すぐさま同点に追いつかれてしまった。

 後半も思うように攻めの形を作れず、尹晶煥監督は68分、高木俊幸と福満隆貴を下げてケガから復帰した柿谷曜一朗と、水沼宏太を投入。両サイドのテコ入れを図り、勝負に出たものの、残り6分となった終盤にまたも左サイドから崩されて2点目を献上。絶体絶命の危機に瀕することになる。

 指揮官は、25日の鹿島アントラーズ戦でJ1デビューさせた大卒2年目の山内寛史を投入して最後の勝負を懸けたが、時間は刻一刻と過ぎていく。ホーム・仙台の1点リードで終了するかと思われた後半アディショナルタイム5分、C大阪が意地を見せる。柿谷が左サイドを崩すと、丸橋がPA内で華麗なターンを見せて相手DFを翻弄。左足で放ったシュートは相手に当たって入り、起死回生の同点弾が生まれた。結局、試合は2-2のドロー決着。C大阪にしてみれば、ゼロだった勝ち点を土壇場で1ポイント奪取する形となった。こういった負け試合をそのまま落とすのと引き分けるのでは今後の流れも大きく変わってくるはず。この1ポイントは、チームにとって大きなものとなったに違いない。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 昨季2冠C大阪に何が起きているのか? J1制覇へ必要なのは“守備の再構築”と“したたかな戦い”