2018.7.30 20:04

香川、独紙分析の予想スタメンに名前なし…去就不透明が影響か

香川、独紙分析の予想スタメンに名前なし…去就不透明が影響か

特集:
香川真司
香川真司、独紙分析のドルトムント予想スタメンに名前なし…

香川真司、独紙分析のドルトムント予想スタメンに名前なし…【拡大】

 ドイツ紙『ビルト』が新シーズンを前にブンデスリーガ各チームの状況を分析。ドルトムントにフォーカスが当たっている。

 ドルトムントは今夏、アンドリー・ヤルモレンコやアンドレ・シュールレが退団した一方で、アブドゥ・ディアロやトーマス・ディレイニー、マルヴィン・ヒッツといったブンデスリーガで実績のある選手を獲得。日本代表MF香川真司の去就も含めて戦力的に大きな入れ替えがある。

 そんな中、『ビルト』は各ポジションの選手層について数値付け。6を最高として「ワールドクラス」、5を「強固」、4を「良い」、3を「平均的」、2を「弱い」、1を「弱点」として6段階評価。ドルトムントはGKが3、DFが3、MFが5、FWが3、監督が5、マネージメントが5という“採点”になった。

 また、想定される今季のスタメンも紹介。マキシミリアン・フィリップが最前線に据えられ、トップ下にはマルコ・ロイス、そして3列目には若手のジェイドン・サンチョが入った一方で香川の名前はなかった。新加入のディレイニー、ディアロといった選手たちも予想スタメンに含められている。

 香川には今夏、ベジクタシュなどが獲得に興味を示していると伝えられ、ドルトムントを離れる可能性も少なくない。そういった報道も予想スタメンに入らなかった要因の一つかもしれない。(Goal.com)

 以下、『ビルト』が予想した今季のスタメン。

 GK

 ビュルキ

 DF

 ゲレイロ、ディアロ、アカンジ、ピシュチェク

 MF

 サンチョ、ゲッツェ、ディレイニー、プリシッチ、ロイス

 FW

 フィリップ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 香川、独紙分析の予想スタメンに名前なし…去就不透明が影響か