2018.7.26 05:03

常に守れ!ツネ様の掟 G大阪・宮本監督、再建へ「選手と一緒にやっていかないと」

常に守れ!ツネ様の掟 G大阪・宮本監督、再建へ「選手と一緒にやっていかないと」

就任後、初練習を終え、取材に応じた宮本監督。非公開だったが、多くの報道陣が駆けつけた(撮影・大石豊佳)

就任後、初練習を終え、取材に応じた宮本監督。非公開だったが、多くの報道陣が駆けつけた(撮影・大石豊佳)【拡大】

 ツネの3カ条!! 低迷するJ1G大阪は25日、大阪・吹田市内で非公開練習を行い、新監督に就任した宮本恒靖監督(41)が初めて指揮を執った。「約束事を作る」「すべてにおいて相手を圧倒する」「お客さんを増やす」と3カ条を掲げ、所信表明。J2降格危機の16位に沈むチームの再建を急ぐ。

 リーグ戦半分を終えて16位に沈むG大阪が宮本新監督の下で練習を再開。降格回避へ、指揮を託されたレジェンドが再建への指針を示した。

 「自分の中で改善、アプローチしていかないといけないところは持ってる。これを選手と一緒になってやっていかないといけない」

 新監督の言葉から浮かんできたのは3カ条のマニフェストだ。

 【(1)約束事を作る】クルピ前監督は選手の自主性を重んじて細かく指示を与えることはしなかった。宮本監督は「自由度が高すぎたところはある」と指摘。この日の非公開練習では主に守備戦術を落とし込み、連動することを求めた。

 【(2)すべてにおいて相手を圧倒する】G大阪らしいサッカーについて問われると「技術だけでなくて、駆け引きでもフィジカルでも。すべてに置いて相手を上回る、圧倒したい」と力を込めた。イメージとして根付いているパスサッカーだけでなく、堅守速攻など状況に応じたプレーが選択できるよう、選手にはインテリジェンスを求めていく。

 【(3)お客さんを増やす】今季はここまでホームの平均入場者数は2万1363人と昨年から2909人減少。約4万人収容の自慢のスタジアムは空席が目立っている。「お客さんが減っているのも気がかり。提供していくのがわれわれの使命だと思う。そういう話も選手にもしていきたい」。浪速のファンを熱狂させることを誓った。

 練習は非公開にもかかわらずテレビカメラ11台、報道陣約50人が訪れた中で宮本ガンバは力強くスタート。初陣は28日、ホーム鹿島戦。現役時代は2度のW杯で日本を熱狂させたキャプテンの手腕に注目が集まる。 (大石豊佳)

  • 取材に応じたG大阪・宮本監督
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 常に守れ!ツネ様の掟 G大阪・宮本監督、再建へ「選手と一緒にやっていかないと」