2018.7.24 17:13

【サッカーコラム】海外でもまれた日本代表・柴崎岳 取材対応では力強く自信に満ちた表情

【サッカーコラム】

海外でもまれた日本代表・柴崎岳 取材対応では力強く自信に満ちた表情

特集:
西野JAPAN
柴崎岳
柴崎

柴崎【拡大】

 【No Ball,No Life】日本代表MF柴崎岳=ヘタフェ=が23日、新シーズンに向けて羽田空港発の航空機で出国した。「飛躍の年にしたいなと毎年思っていますし、去年より今年、さらに試合出場数も増やしたいし、個人としても成長を続けていきたい」と話した。力強く、自信に満ちた表情をみると、人は大きく変わるものとあらためて感じることができた。

 2017年の初の海外挑戦の際は鹿島の番記者の問いかけにもほとんど応えることなく、不安そうな表情ばかりをみせていた。同年2月にスペイン2部のテネリフェへと移籍し、苦難を乗り越えて、夢だったW杯出場を遂げた。

 W杯ロシア大会では4試合全試合で先発出場。日本の2大会ぶりの16強入に貢献した。事前のオーストリア合宿でも、大会が始まってもそうだったが、日本代表としての自覚を持ち、取材対応でもしっかりと受け答え。決勝トーナメント初戦ベルギー戦の敗戦後も丁寧に報道陣に対応し、悔しさをかみしめながら自身の飛躍を誓っていた。

 海外生活ではうまくいかないことばかり。ましてやスペインは、日本と違いマイペースなのが国民性。細かい日本人としては最初は気になってしまうところだが、慣れてくれば動じなくなる。

 柴崎も渡欧当初は苦しい時期を過ごしたが、精神的に成長した印象があり、その言動に力強さが増している。海外挑戦の経験を確実に糧にしている。

 W杯での活躍で、ヘタフェにも柴崎に関する問い合わせが多いという。

ビッグクラブへの移籍交渉もこれから本格化することが予想され、「自分はやれるという証明はできた。自信を持って新シーズンに臨みたいし、新チーム、これからプレーするチームで確固たる地位を築きたい」と前向きだ。

 オフには女優の真野恵里菜と結婚。柴崎を取り巻く環境もどんどん変わっていく。海外でもまれ、さらに強くなり、その経験を再び代表チームに還元してほしい。(一色伸裕)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【サッカーコラム】海外でもまれた日本代表・柴崎岳 取材対応では力強く自信に満ちた表情