2018.7.24 20:12

Jリーグ、地元選手枠や外国人枠の撤廃を討議

Jリーグ、地元選手枠や外国人枠の撤廃を討議

 Jリーグは24日、東京都内でJ1など各実行委員会を開き、将来的な改革案として地元選手の登録を義務づける「ホームグロウン制度」や、外国人枠の撤廃などについて意見交換した。今後も継続的に討議する。

 出席者によると、ホームグロウン制度は地域密着や若手育成が目的。「地元選手」の定義を今後詰めるという。また、外国人選手は現状の規定で原則1チーム5人まで登録可能で、撤廃に関しては「仮に11人対11人が全員外国人になった場合、それでいいと言えるのか」などと反対意見も出たという。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. Jリーグ、地元選手枠や外国人枠の撤廃を討議