2018.7.17 15:41(1/3ページ)

元伊代表監督が示す日本代表の指針「キミたちの武器を伸ばせ」

元伊代表監督が示す日本代表の指針「キミたちの武器を伸ばせ」

特集:
西野JAPAN
元伊代表監督が示す日本代表の指針「キミたちの武器を伸ばせ」

元伊代表監督が示す日本代表の指針「キミたちの武器を伸ばせ」【拡大】

 日本代表の新監督候補に浮上していると報じられたロベルト・ドナドーニ氏。『Goal』は元イタリア代表指揮官にインタビューする機会に恵まれた。

 キャリアから憶測すると、日本との関係性はあまりないように思えた。しかし、率直に疑問をぶつけてみると「以前から興味を持っていて、Jリーグの試合も研究対象として追いかけていた」という。ワールドカップの日本代表戦も「4試合すべてチェックした」とのことだ。

 ではドナドーニ氏は日本のロシアにおける戦いぶりを見てどんな印象を持ったのか? 元イタリア代表指揮官が示す日本サッカーの進むべき未来とは?

 インタビュー・文=松岡宗一郎(Goal編集部)

 ■違いを生み出した香川が持っていた強み

 --今回のW杯で感じた日本の強みや選手の特徴はどういったところでしたか?

 日本の良さはチームとして戦える団結力があることだ。選手一人一人を見ていくと、テクニックや俊敏性、適応能力が高い。非常にクオリティの高い選手がたくさんいるんだ。だから多くの選手がヨーロッパでプレーできているように思う。

 ボローニャの監督に就任する際、売り込みがあったことがある。私自身、日本の若い選手に興味を持っていた。ヨーロッパの中で言えば伊藤達哉(ハンブルガーSV)や南野拓実(ザルツブルク)といった選手だ。今回のW杯では招集外だったが、久保裕也(ヘント)にも興味があった。若い選手を育ててみたいという気持ちがあったんだ。

 --日本代表の中で際立っていた選手は誰でしたか? ドナドーニさんのチームに招き入れるとしたら?

 香川真司が違いを生んでいた。彼はヨーロッパでプレーしていて、自分がボールを持ったときに何をすればいいかが分かっていた。敵が一番嫌がる場面に顔を出していたし、それによって相手の守備陣を混乱させていたよ。だから一番違いを生み出していたのは香川だ。

 彼は偉大なクラブ(ドルトムントやマンチェスターU)でプレーした経験を持っている。それが彼に落ち着きをもたらしたのだろうし、大舞台で高いパフォーマンスを発揮する要因になったように感じる。貴重な経験からしか得られないものはある。彼の大きな強みだね。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 元伊代表監督が示す日本代表の指針「キミたちの武器を伸ばせ」