2018.7.13 20:11

ミラン新体制にレオナルド氏が入閣?すでに交渉開始 新会長にはスカローニ氏が有力

ミラン新体制にレオナルド氏が入閣?すでに交渉開始 新会長にはスカローニ氏が有力

ミラン新体制にレオナルド氏が入閣?すでに交渉開始 新会長にはスカローニ氏が有力

ミラン新体制にレオナルド氏が入閣?すでに交渉開始 新会長にはスカローニ氏が有力【拡大】

 米・エリオット新体制となったACミランは、元ブラジル代表のレオナルド氏を幹部に迎えようと交渉を試みる。イタリアメディア『スカイスポーツ』が12日、報じている。

 昨年4月、中国人投資家のリー・ヨンホン氏がACミランを買収し、チャイナマネーによるクラブ再建がスタートした。買収当時にアメリカのエリオット・ファンドの出資を受けた同氏だが、返済期限内までに3200万ユーロ(約42億円)を支払うことができず、エリオット側にACミランの保有権が移ることが決定。わずか1年3カ月で中国資本によるACミランは幕を閉じた。

 エリオット新体制では、現役時代、ACミランや鹿島アントラーズなどで活躍したレオナルド氏を幹部として迎え入れるプランが浮上しており、すでにレオナルド氏との接触が行われたものとみられる。また新会長には、エリオット・ファンドと親しい関係にある実業家で元ヴィチェンツァ会長のパオロ・スカローニ氏が任命される可能性が高く、21日に予定されている総会で全容が明らかになる。

 一方、『ガゼッタ・デロ・スポルト』は13日、レオナルド氏がゼネラルマネージャーの役職を提示されている可能性を指摘。もしレオナルド氏のACミラン入りが決定すれば、クラブのレジェンドであるパオロ・マルディーニ氏もスポーツディレクターとしてチームに復帰するのではないかと期待されている。なおレオナルド氏の対抗馬として、アーセナルCEOのイバン・ガジディス氏やローマ幹部のフランコ・バルディーニ氏の名前が挙がっている。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ミラン新体制にレオナルド氏が入閣?すでに交渉開始 新会長にはスカローニ氏が有力