2018.7.13 20:38

「ベストのW杯」FIFA会長、総括会見で評価

「ベストのW杯」FIFA会長、総括会見で評価

 国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は13日、モスクワのルジニキ競技場で記者会見し、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の入場者が準決勝を終えた時点で総収容数の98%に上っていることや順調な運営を評価し「これまでのW杯でベストの大会だ」と総括した。

 W杯で初採用したビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)について「誤った判定が正される。とてもいいことだ」と肯定的。日本のファンらが試合後に観客席でごみ拾いをした姿には「ポジティブなニュース」と言及した。

 大会は欧州勢がベスト4を占めた。ただ「ベルギーは日本戦で0-2から後半ロスタイムに勝ち越して逆転勝ちした。小さな要素が違いを生んでいる」とし、他の大陸とのレベル差は大きくはない、との見解を示した。

 現行では32チームでの開催が決まっている2022年カタール大会で出場枠を48に増やすかの議論には「可能性があるのかどうか、まずはカタールと話す」と述べるにとどめた。(共同)

試合日程へ決勝T組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 「ベストのW杯」FIFA会長、総括会見で評価