2018.7.13 12:34(1/3ページ)

元伊代表監督ドナドーニが振り返る日本代表とW杯

元伊代表監督ドナドーニが振り返る日本代表とW杯

特集:
西野JAPAN
元伊代表監督ドナドーニが振り返る日本代表とW杯

元伊代表監督ドナドーニが振り返る日本代表とW杯【拡大】

 日本代表の新監督候補に浮上していると報じられたロベルト・ドナドーニ氏。『Goal』は元イタリア代表指揮官にインタビューする機会に恵まれた。

 キャリアから憶測すると、日本との関係性はあまりないように思えた。しかし、率直に疑問をぶつけてみると「以前から興味を持っていて、Jリーグの試合も研究対象として追いかけていた」という。ワールドカップの日本代表戦も「4試合すべてチェックした」とのことだ。

 ではドナドーニ氏は日本のロシアにおける戦いぶりを見てどんな印象を持ったのか? 元イタリア代表指揮官が振り返るロシアW杯とは?

 インタビュー・文=松岡宗一郎(Goal編集部)

 ■ベルギー戦は「延長に持ち込むべきだった」

 --まずは大会を通じて日本にどんな印象を持たれましたか?

 非常にオーガナイズされていて、タレントがたくさんいた。特にテクニックのクオリティが高い選手が揃っていた。私は以前からJリーグの試合を研究対象として興味を持って追いかけていたので日本の事情も理解していたが、やはり今回のチームにもそういった印象を抱いたよ。

 --いくつかトピックがありましたが、中でもポーランド戦について。グループ突破が決まっていない中で大幅にメンバーを入れ替える選択をしました。

 西野朗監督は非常に勇気ある選択をした。6人もメンバーを代えることは簡単ではないよ。なぜその選択ができたかと言えば「日本人のメンタリティ」が挙げられる。日本人は全員が準備をしている。いついかなるときもチームへの貢献を忘れず、犠牲心を持って準備をしているんだ。だからこそ西野監督はその選択ができたんだろう。日本人のメンタリティを考えれば賢い選択だったと言えるし、私はそのメンタリティがとても好きだよ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 元伊代表監督ドナドーニが振り返る日本代表とW杯