2018.7.12 11:56(1/2ページ)

状況を見極めてバランスを整えられる 小野伸二選定ロシア大会べスト11/W杯

状況を見極めてバランスを整えられる 小野伸二選定ロシア大会べスト11/W杯

状況を見極めてバランスを整えられる 小野伸二選定ロシア大会べスト11/W杯

状況を見極めてバランスを整えられる 小野伸二選定ロシア大会べスト11/W杯【拡大】

 ロシア・ワールドカップも3位決定戦、決勝を残すのみとなった。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)や、GLT(ゴール・ライン・テクノロジー)など最先端の技術を駆使した大会は、選手たちの緊張感もひときわで、強豪国の苦戦や新世代の台頭など、印象的な熱戦が繰り広げられている。この世界最高峰の戦いから目が離せないのは、選手たちも同じだ。

 そこで、Goalでは海外サッカーに造詣が深い超一流のJリーガーが選ぶ「ロシア大会ベスト11」を選定してもらった。今回は、1998年フランス大会、2002年日韓大会、そして2006年ドイツ大会の3大会に連続出場した経験を持つ北海道コンサドーレ札幌の小野伸二選定の11人を紹介する。

 ■世界各国の戦力が拮抗してきている

 今大会は優勝候補と評されるような国が苦戦を強いられているような印象が強いですね。世界各国の戦力が拮抗してきている証ではないでしょうか。グループリーグで敗退をしてしまいましたが、モロッコなどは見ていてすごく好感の持てるサッカーをしていましたし、決勝トーナメントでも見てみたかったチームですね。

 そうしたなかで僕が選んだのは次の11人です。まずフォーメーションとしてはなんとなく3-4-3がふさわしいのかな、とも思うのですが、このメンバーならばどんなフォーメーションでも各自が状況を見極めてバランスを整えてしまうと思うので、配置はあまり気にしていません。

 ■「マルセロは、福森のような役割で」

 ■GK

 マヌエル・ノイアー(ドイツ代表/Bミュンヘン)

 チームこそ残念ながらグループリーグで敗退してしまいましたが、あの守備範囲の広さはやはり見事ですし、攻撃にも積極的に関与していく素晴らしい選手ですよね。

 ■DF

 マルセロ(ブラジル代表/レアル・マドリ-)

 ポジションこそ最終ラインですが、僕が選んだ11人のなかでの役割としては札幌のDF福森晃斗のような感じで、後方からのフィードやドリブルで攻撃を活性化させる役割を担ってもらいたいですね。

 セルヒオ・ラモス(スペイン代表/レアル・マドリ-)

 1対1での守備対応の技術はもちろんのこと、そのキャプテンシーでチームをまとめ上げる部分も評価したいところ。

 シモン・ケアー(デンマーク代表/セビリア)

 フィードの能力が高く、最終ラインから攻撃の土台をしっかりと作れる選手。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. 状況を見極めてバランスを整えられる 小野伸二選定ロシア大会べスト11/W杯