2018.7.12 12:52(1/4ページ)

“世界”を知ることの必要性 日本代表、未来への提言

“世界”を知ることの必要性 日本代表、未来への提言

特集:
西野JAPAN
“世界”を知ることの必要性 日本代表、未来への提言

“世界”を知ることの必要性 日本代表、未来への提言【拡大】

 ワールドカップ・ロシア大会で日本代表が経験した4試合は、準備期間含めて日本サッカーに貴重な経験をもたらした。それは財産となり、課題となり、そして、世界と伍する上で足りないものあらためてを気づかせてくれた。大事なことは、ここから何を考え、どうやって前へ進んでいくか。シリーズコラム「日本代表、未来への提言」。第1回は世界で戦うことについて。

 ■開かなかった扉。突きつけられた現実

 夢を見た。そして現実を知った。

 ワールドカップとはこんなにも厳しい大会なのかと--。1998年からずっと参加してきた大会が、本当のワールドカップではなかったのではないかと思われたくらいに現実を突きつけられた。

 日本代表は初めてのベスト8進出を確実に視野に捉えていた。グループリーグの段階で選手起用を調整して決勝トーナメントを見据え、臆せず積極的なサッカーで2点を先行してベルギーを本気にさせた。

 そして8強の夢は後半アディショナルタイムまで気を緩めず、鬼気迫る攻撃を見せてきた彼らによって砕かれてしまう。

 圧倒的なアドバンテージを手にしながら、悔やんでも悔やみきれない敗戦。だが、一方で日本代表がいよいよワールドカップのノックアウトステージで世界と真っ向から対峙する舞台まで来たことも事実。ベルギー戦後、本田圭佑も「上に進むチームは常に次を見据えている。日本代表は今、ようやくそのステージに来た。これを変えてはいけない」と違った景色が見えたことを明かしている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. “世界”を知ることの必要性 日本代表、未来への提言