2018.7.11 22:50

神戸・キムスンギュ、流れ変えるPKストップ 吉田監督「あれがなければ逆の結果に…」/天皇杯

神戸・キムスンギュ、流れ変えるPKストップ 吉田監督「あれがなければ逆の結果に…」/天皇杯

 天皇杯全日本選手権第4日(11日、神戸6-1千葉、フクダ)神戸のGK金承奎(キム・スンギュ)が0-0の前半30分、見事なPKストップで流れを変えた。ラリベイの低い弾道を読み切り、右に跳んでセーブ。「止められる予感があった」と冷静な判断が光った。

 吉田監督が「あれがなければ逆の結果になっていたかもしれない」と評した殊勲のセーブが大量点を呼び込み、チームは6ゴールを奪った。

 出場機会はなかったが、韓国代表としてワールドカップ(W杯)ロシア大会を経験。「W杯にいくことが大事だった。いろんなことを感じてきた」という守護神が、早速存在感を示した。

神戸・安井(GKからボールを奪ってのプロ初ゴール)「あんな形でも点を取れたのは良かった。難しい時期もあったが、頑張りが報われた」

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 神戸・キムスンギュ、流れ変えるPKストップ 吉田監督「あれがなければ逆の結果に…」/天皇杯