2018.7.9 11:42(1/2ページ)

レアル元会長、現会長に苦言「ラウールと同じことをするのか」 C・ロナ残留を希望

レアル元会長、現会長に苦言「ラウールと同じことをするのか」 C・ロナ残留を希望

レアル元会長、現会長に苦言「ラウールと同じことをするのか」 C・ロナ残留を希望

レアル元会長、現会長に苦言「ラウールと同じことをするのか」 C・ロナ残留を希望【拡大】

 Rマドリードの元会長であるラモン・カルデロン氏は、クリスティアーノ・ロナウドがユベントスに加わるのは決して奇妙なことではないとし、売却を考えるクラブに釘をさした。『アス』の英語版が、イタリアの『トゥットメルカート』で同氏が放ったコメントを紹介している。

 C・ロナウドは、FWリオネル・メッシやFWネイマールに劣る年俸の改善が進まなかったことや、脱税に関する問題で守られているように感じなかったことに不満を抱き、今夏でのレアル退団を決意したとされている。

 C・ロナウドとユベントスはすでに個人合意に達しており、ユベントスの獲得オファーがRマドリードに受け入れられることで、今夏最大のビッグディールが実現することになる。

 しかし、2006年から09年までレアルの会長を務めたカルデロン氏は、来年34歳を迎えるロナウドが依然としてレアルの成功のカギを握ると信じており、マドリーに残ることを望んでいるようだ。

 「C・ロナウドがマドリーを離れるのなら、それは埋めることが不可能なギャップを残すだろう。彼はチームプレーに徹することができ、シーズン毎に50以上のゴールを保証してくれる。過去9年間で彼が残したものをはるかに上回る選手など簡単に見つけることはできない」

 さらにカルデロン氏は、現会長のフロレンティーノ・ペレスが、功績を残してきたベテランを大切にしないことを指摘。過去にも数例同じようなことがあったと続ける。

 「フロレンティーノ・ペレスは長年に渡り、優れた決断を下してきた。しかし、選手たちが残した功績を拾わないという欠点がある。イケル・カシージャスや、ラウールと同様のことをするのか。そういった過去がこのクラブにはある」

 「彼はこの組織で最高のプレーヤーだ。だから、正しくより良い給料を望んでいた。しかし、フロレンティーノはそれをすべきだというのに、重視していなかった。クラブが(C・ロナウドの)2倍の給料をネイマールに支払う用意があるという報告があったときに、彼は動揺していた」

 ■C・ロナウドのセリエAでの成功を確信

 一方でカルデロン氏は、C・ロナウドがユベントスとセリエAにとって素晴らしい選手になると太鼓判を押した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. レアル元会長、現会長に苦言「ラウールと同じことをするのか」 C・ロナ残留を希望