2018.7.9 18:41(1/2ページ)

宮市、復帰戦翌日の試合にも45分間出場 順調な回復ぶりに同僚も歓喜

宮市、復帰戦翌日の試合にも45分間出場 順調な回復ぶりに同僚も歓喜

宮市、復帰戦翌日の試合にも45分間出場 順調な回復ぶりに同僚も歓喜

宮市、復帰戦翌日の試合にも45分間出場 順調な回復ぶりに同僚も歓喜【拡大】

 7日、ドイツ4部フレンスブルク戦とのテストマッチで実戦復帰を果たしたザンクト・パウリFW宮市亮は、8日にはデンマーク強豪ブレンビーとのプレシーズンマッチにも出場。試合後のコメントをドイツ紙『ビルト』が紹介した。

 昨夏6月に右ひざの前十字じん帯を断裂で長期離脱を余儀なくされた宮市は、4月末の2軍のリーグ戦で公式戦復帰。その一戦では13分に右ひざを痛めた様子で負傷交代を強いられ、再び重傷を負ったことが懸念されていた。しかし、一旦帰国した宮市はインスタグラムで「幸いなことに前十字靭帯は切れておらず、再建した靭帯の周りに少し炎症が起きていただけでした」と報告。新シーズンに向けて6月25日に始動したクラブに戻り、数日間の個人練習を経て先日からはチーム練習を再開していたところだ。

 そして、そんな宮市は7日の試合(6-1)で後半開始から45分間プレーし、実戦復帰を果たすと、翌日にコペンハーゲンで行われたブレンビー戦(0-3)にもハーフタイムから出場。試合後、『ビルト』に対して「プレーできてうれしいです。問題ないです。痛みも感じませんでした」とコメント。この試合ではセンターFWとして起用されたことについて「通常はウィングでプレーするので、僕の通常のポジションではなかったですね。なので、少し難しかったです。でも一生懸命やれました」と手応えをつかんだ様子で語った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 宮市、復帰戦翌日の試合にも45分間出場 順調な回復ぶりに同僚も歓喜