2018.7.8 15:14

C・ロナ&メッシ時代は終焉? コロンビア紙がバロンドール候補5人を選出/W杯

C・ロナ&メッシ時代は終焉? コロンビア紙がバロンドール候補5人を選出/W杯

C・ロナ&メッシ時代は終焉? コロンビア紙がバロンドール候補5人を選出/W杯

C・ロナ&メッシ時代は終焉? コロンビア紙がバロンドール候補5人を選出/W杯【拡大】

 サッカー界の年間最優秀選手を決めるFIFAバロンドールは、2008年から長らくクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの2強が賞を独占してきた。しかし、2018年は前述の2人以外の選手が受賞する可能性もある。『マルカ』コロンビア版が、新たな5人の候補を挙げ、その可能性について言及している。

 バロンドールは2008年から、C・ロナウドとメッシが5回ずつ受賞しており、その2選手以外では2007年のカカを最後に、ポルトガル人とアルゼンチン人ストライカーの独占状態が続いている。

 しかし、今年はロシアW杯が開催されており、C・ロナウドのポルトガル、メッシのアルゼンチンはいずれも16強で敗退。クラブではメッシはリーグ優勝に大きく貢献し、C・ロナウドはRマドリードを前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇に導いた功績があるものの、W杯での活躍が重要視されることを考慮すると、バロンドールを逃す可能性もある。

 『マルカ』コロンビア版は、今年のバロンドールを受賞する可能性がある選手として、フランス代表のアントワーヌ・グリーズマン、キリアン・ムバッペ、クロアチア代表のルカ・モドリッチ、イングランド代表のハリー・ケイン、ベルギー代表のケヴィン・デ・ブライネをピックアップ。

 いずれもベスト4入りを果たしており、準決勝と決勝のプレー次第では、グッと近づくという見方だ。一方で、8強で姿を消したネイマールについては「彼のキャリアで最大の夢であるW杯優勝を達成できていない。メッシの影にされないためにPSGに行った」と厳しい意見を投じつつ、候補からは除外している。

 C・ロナウド&メッシ時代の終焉が訪れるのか、今年のバロンドールにはより一層の注目が集まる。(Goal.com)

試合日程へ決勝T組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. C・ロナ&メッシ時代は終焉? コロンビア紙がバロンドール候補5人を選出/W杯