2018.7.7 05:03(3/3ページ)

クリンスマン氏と電撃接触か!田嶋会長、代表新監督選定へ向け10日再びロシアへ

クリンスマン氏と電撃接触か!田嶋会長、代表新監督選定へ向け10日再びロシアへ

解説の仕事で姿を見せたクリンスマン氏。日本の報道陣に笑顔も見せた (撮影・一色伸裕)

解説の仕事で姿を見せたクリンスマン氏。日本の報道陣に笑顔も見せた (撮影・一色伸裕)【拡大】

 現在、最有力候補に挙がっているクリンスマン氏は、W杯の解説の仕事でロシアに滞在中。決勝までの予定は明らかになっていないが、2人のスケジュールがあえば、水面下で接触することは十分に可能だ。同会長は、ドイツ(当時西ドイツ)へコーチ留学の経験もあり、語学力にも長けているだけに話し合いはスムーズに行われるはずだ。

 2カ月後の9月7日には、国際親善試合(札幌、対戦国未定)が行われ、新監督の初陣となる。クリンスマン氏か、それとも他の候補になるのか。同会長の言動に注目が集まる。

★他の候補者

 日本代表の次期監督は西野監督が続投を固辞したことで、ドイツ代表や米国代表を率いたユルゲン・クリンスマン氏(53)が最有力候補となった。2020年東京五輪で指揮を執る森保一監督(49)がA代表と兼任するプランがあるが、「負担が大きい」との慎重論が強い。セリエAでパルマなどを率いたロベルト・ドナドニ氏(54)の名も挙がっている。

ユルゲン・クリンスマン(Jurgen Klinsmann)

 1964年7月30日生まれ、53歳。ドイツ・ゲッピンゲン出身。現役時代はFWで、シュツットガルト時代の87-88年シーズンにはブンデスリーガ得点王に。その後、インテル・ミラノ、バイエルンMなどでプレーした。W杯には優勝した1990年から3大会連続で出場。W杯通算17試合で11得点した。2003年に現役引退。04年にドイツ代表監督に就任し、母国開催だった06年W杯3位。バイエルンMの監督を経て、11年に米国代表監督。14年ブラジルW杯では16強入りを果たした。現役時代のサイズは1メートル82、73キロ。

試合日程へ

  • 次期監督人事のキーマンとなる田嶋会長。ロシアへ再び渡り、絞り込み作業を行うかもしれない
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. クリンスマン氏と電撃接触か!田嶋会長、代表新監督選定へ向け10日再びロシアへ