2018.7.5 16:14

長谷部、ロッカー清掃のスタッフ「誇りに思う」 ゴミ拾いのサポーターも称賛/W杯

長谷部、ロッカー清掃のスタッフ「誇りに思う」 ゴミ拾いのサポーターも称賛/W杯

特集:
長谷部誠
会見で話す日本代表・長谷部=千葉・成田市(撮影・加藤圭祐)

会見で話す日本代表・長谷部=千葉・成田市(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で2大会ぶりに決勝トーナメントに進出し、1回戦で強豪ベルギーに惜敗した日本代表が5日、成田空港着の航空機で帰国。主将の長谷部誠(34)=アイントラハト・フランクフルト=らが記者会見した。

 会見では決勝トーナメント1回戦のベルギーとの試合後にロッカールームがきれいに清掃され、ロシア語で「ありがとう」というメモと一緒に折り鶴が残されていたことについての質問が出た。ロッカールームの写真はインターネット上で拡散し「全てのチームのお手本」と称賛の声が上がっていた。

 長谷部は「日本代表チームのスタッフの方々は本当に毎試合、ロッカールームをすべてきれいに片付けて、そして帰るという、そういうものをしてくださっていて、スタッフの方々を選手として本当に誇りに思います」とたたえた。

 長谷部は毎試合後に会場で清掃した日本サポーターにも言及。「日本代表サポーターの方々がスタジアムで試合が終わった後にゴミ拾いをしてくださったりとか。僕は普段、海外に住んでいるので、そして日本代表でもいろんな国に行く機会があるんですけど、本当に日本ほど街がきれいな国はないんじゃないかと思うぐらい、日本という場所、人は素晴らしい精神を持っていると思うので、それは一人の選手としてじゃなく一人の日本人として誇りに思っています」と話した。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 長谷部、ロッカー清掃のスタッフ「誇りに思う」 ゴミ拾いのサポーターも称賛/W杯