2018.7.4 08:21(1/2ページ)

岡崎が語る日本代表快進撃の要因「意見をぶつけ合い、それを監督が許してくれた」/W杯

岡崎が語る日本代表快進撃の要因「意見をぶつけ合い、それを監督が許してくれた」/W杯

特集:
西野JAPAN
岡崎慎司
岡崎が語る日本代表快進撃の要因「意見をぶつけ合い、それを監督が許してくれた」/W杯

岡崎が語る日本代表快進撃の要因「意見をぶつけ合い、それを監督が許してくれた」/W杯【拡大】

 日本代表FWの岡崎慎司は、代表での活動を続行する可能性を示唆した。

 2日に行われたワールドカップの決勝トーナメント1回戦で日本代表はベルギー代表と対戦。グループリーグでは全試合に出場した岡崎だが、この試合は出番がなく、ベンチから2-3の逆転負けを見守った。そして試合翌日の3日、同選手はインタビューに応じた。

 今大会で下馬評を覆して快進撃を続けた日本代表チームについて「別に1人1人が監督になるわけじゃないですけど、1人1人が自分の意見を言った方が代表はもっと世界でやれると思って、その意見をぶつけ合い、それを監督が許してくれ、監督がまとめてこうやっていこうっていうふうなチームになっていった」と振り返った。

 「失敗できないという覚悟は持ってました。そのために呼ばれているっていうのを自覚してた選手もいたと思う。そうやって最初に呼ばれた時にも、そこでトップ(リーグ)でやっているやつらが最終的に必要になると話もしてもらえた。そういう集団が集まった時にそれの経験がまず必要っていうことも話していたので、そこに対しての意見のぶつけ合いとかそういうものがすごく大事だった。スイス戦、ガーナ戦を経て、パラグアイ戦に至るまでの流れもそうだし、そこからコロンビアでの勝ちを引き寄せたのもそうだし、すごい短期間の中でチームがぎゅっと凝縮されたのかなと思います」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 岡崎が語る日本代表快進撃の要因「意見をぶつけ合い、それを監督が許してくれた」/W杯