2018.7.4 08:00(1/2ページ)

【佐藤春佳のスポーツブレーク】長友の“原点”は突き抜けた情熱

【佐藤春佳のスポーツブレーク】

長友の“原点”は突き抜けた情熱

特集:
佐藤春佳のスポーツブレーク
長友佑都
取材対応に向かう長友=ロシア・カザン(撮影・甘利慈)

取材対応に向かう長友=ロシア・カザン(撮影・甘利慈)【拡大】

 ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦(2日=日本時間3日、日本2-3ベルギー、ロストフナドヌー)後半49分、稲妻のような『赤い悪魔』のカウンターで、サッカー日本代表のW杯は終わった。6月19日から2週間、低い前評判を覆してのベスト16進出。開幕前に「今回は駄目でしょ」と冷めていたその口も、勝ち出せば歓喜を叫び最後は「感動をありがとう」となる。なんともゲンキンだが、それもスポーツの醍醐(だいご)味のひと匙(さじ)だろうか。

 試合後のインタビューで「できることは全てやった。悔しいけど笑顔で胸張って帰る」と話したDF長友佑都の姿が胸に残った。大会前に金髪に染めた髪は根元が少し、黒くなっている。直前の監督交代など揺れる輪の中心で、彼なりのポジティブな方法でチームに心を砕いてきたのだろう。

 サッカー担当だった2011年、代表選手の故郷を旅して“原点”を取材するという連載を担った。長友の故郷・愛媛県西条市で訪ねた“原点”は、閉店したゲームセンター「セイタイトー西条店」の跡地だった。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【佐藤春佳のスポーツブレーク】長友の“原点”は突き抜けた情熱