2018.7.4 05:02

川島「悔しい、本当に悔しい」/W杯

川島「悔しい、本当に悔しい」/W杯

特集:
川島永嗣
24本ものシュートを浴び続けた守護神・川島(右)。立ちふさがろうと奮闘も、防ぎきれなかった。左は相手DFコンパニー (AP)

24本ものシュートを浴び続けた守護神・川島(右)。立ちふさがろうと奮闘も、防ぎきれなかった。左は相手DFコンパニー (AP)【拡大】

 ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦(2日=日本時間3日、日本2-3ベルギー、ロストフナドヌー)迫り来る1メートル87の巨漢の足元へと必死に飛び込んだが、ボールは指先をかすめもしなかった。4分のロスタイムのラストプレー。MFシャドリに決勝点を許し、GK川島が天を仰ぐ。目は充血し、声は震えた。

 「正直、何も浮かびません。悔しい、本当に悔しい。悔いなんて言ったら切りがない」

 猛攻に耐えきれなかった。1メートル90近い相手攻撃陣のパワープレーを防げず、後半24分、その5分後と立て続けに失点。日本の倍以上の24本のシュートを浴びた。

 日本の1次リーグ躍進の裏で、ミスが目立った守護神は批判にさらされた。セネガル戦後には西野監督と膝と膝をつき合わせた。指揮官の揺るがぬ信頼を感じ取って再びゴールを守った。「希望の見えるベスト16だった」。サムライブルーの酸いも甘いも知る35歳の一言には重みがあった。 (鈴木智紘)

試合結果へ試合日程へ決勝T組み合わせへ

  • 後半、同点ゴールを決められるGK川島(中央)=ロストフナドヌー(共同)
  • 後半終了間際、ベルギー・シャドリ(22)の決勝ゴールを許すGK川島=ロストフナドヌー(共同)
  • 後半、セーブするGK川島=ロストフナドヌー(共同)
  • 後半、パンチングでクリアするGK川島(中央左)=ロストフナドヌー(共同)
  • 後半、ベルギーのシャドリに勝ち越しゴールを奪われる日本代表。GKは川島永嗣=ロストフナドヌー(撮影・中井誠)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 川島「悔しい、本当に悔しい」/W杯