2018.7.3 18:28(1/2ページ)

長谷部「監督交代になった責任が主将としてかなり大きいと思っていた」/W杯

長谷部「監督交代になった責任が主将としてかなり大きいと思っていた」/W杯

特集:
長谷部誠
長谷部「監督交代になった責任が主将としてかなり大きいと思っていた」/W杯

長谷部「監督交代になった責任が主将としてかなり大きいと思っていた」/W杯【拡大】

 日本代表は2日に行われたロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦のベルギー代表戦で2-3の敗戦を喫し、ベスト16で涙をのんだ。試合後、主将の長谷部誠がコメントを残した。

 史上初の8強入りに向けてベルギーと対戦した日本は0-0で迎えた後半、原口元気と乾貴士のゴールで2点をリード。しかし、そこからヤン・フェルトンゲンとマルアン・フェライニにネットを揺らされると、アディショナルタイム4分、ナセル・シャドリに決められ、2-3の惜敗で大会を後にした。

 長谷部は、悔しい逆転負けを喫したベルギー戦について、細かなミスを指摘しつつもしっかりと整理できていない様子で、「簡単に振り返ることができる試合ではないですね。まだまだ自分たちはベスト8に行く部分で足りなかったのかなと思います」とコメント。続けて以下のように話した。

 「試合を通して厳しい時間が多かったですけど、しっかり耐えて、後半はかなりチャンスを作っていました。相手も守備の部分ではルーズなところがあって、そういうところを突いて2-2になってからチャンスもありました。そこの部分に関してはもちろん手ごたえはありましたね。でも、このような結果に終わって、個人的には失望というか悔しさが上回っています」

 日本は本大会2ヶ月前に指揮官が交代。長谷部は主将としての役回りについて、「やはり監督交代になった責任がキャプテンとしてかなり大きいと思っていた」と改めて言及。その中で、「責任を取るっていうのは辞めるって考える方もいるとは思うんですけど、逆に僕はそれでもこういう状況では自分がしっかりやらなければいけないっていう気持ちも持っているということを(西野)監督に伝えました。監督はキャプテンを代えるという気持ちは全くなかった」と、自身を信頼してくれた西野朗監督に感謝した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 長谷部「監督交代になった責任が主将としてかなり大きいと思っていた」/W杯