2018.7.3 13:12

渋谷の若者、意気消沈 恒例ハイタッチなし/W杯

渋谷の若者、意気消沈 恒例ハイタッチなし/W杯

後半、同点ゴールを決められるGK川島(中央)=ロストフナドヌー(共同)

後半、同点ゴールを決められるGK川島(中央)=ロストフナドヌー(共同)【拡大】

 ロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦(2日=日本時間3日、日本2-3ベルギー、ロストフナドヌー)ベルギーとの一戦でサッカー日本代表が惜しくも勝利を逃すと、東京・渋谷でサムライブルーを応援し続けたユニホーム姿の若者らは意気消沈した。試合後恒例のスクランブル交差点でのハイタッチはなかったが「4年後こそ初のベスト8入りを」とエールを送った。

 未明の試合開始にもかかわらず、センター街周辺には多くのサポーターが集まった。日本の連続得点直後は大歓声が湧き、「次に行けるぞ」と興奮した声も。終了間際に逆転されると悲鳴のような声が広がり、「うそだ」と両手で顔を覆う女性や、路上に崩れ落ちる人の姿があった。

 試合後もスクランブル交差点にとどまる若者は少なく、一様にショックを受けた様子で始発の駅に向かった。警視庁も当初は斜め横断を禁止し警備を強化していたが、すぐに解除した。付近ではごみ袋を手にしたサポーターたちが、路上に散乱した食べ物の容器などを拾い集めていた。

試合結果へ試合日程へ決勝T組み合わせへ

  • ベルギーに敗れ、サポーターへあいさつに向かう日本イレブン=ロストフナドヌー(共同)
  • ベルギーに敗れ、ピッチに倒れ込む昌子。右はベルギーのルカク=ロストフナドヌー(共同)
  • ベルギーに逆転負けを喫し、肩を落とす乾(右)を抱きしめる本田。左は武藤=ロストフナドヌー(共同)
  • 試合後、サポーターに挨拶する長谷部誠ら日本代表イレブン=ロストフナドヌー(撮影・中井誠)
  • 試合後、サポーターに挨拶する長友佑都=ロストフナドヌー(撮影・中井誠)
  • 試合後、乾貴士らを労う西野朗監督=ロストフナドヌー(撮影・中井誠)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 渋谷の若者、意気消沈 恒例ハイタッチなし/W杯