2018.7.3 07:10

海外メディアも日本代表称賛「世界最高のチーム苦しめた」/W杯

海外メディアも日本代表称賛「世界最高のチーム苦しめた」/W杯

特集:
西野JAPAN
海外メディアも日本代表称賛「世界最高のチーム苦しめた」/W杯

海外メディアも日本代表称賛「世界最高のチーム苦しめた」/W杯【拡大】

 ベルギー相手に堂々たる戦いを見せた日本代表。この試合を、アメリカ『ESPN』が分析し、各選手の採点をつけている。

 日本はロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦。原口元気と乾貴士によるスーパーゴールで先制しながら、3失点を喫して悲願のベスト8進出はならなかった。

 『ESPN』は、この激闘を分析。ポジティブな面、ネガティブな面の両方を上げている。

 ポジティブな面として、「日本は死力を尽くして戦い、素晴らしい時間を過ごした。ベルギーの激しいプレッシャーに晒されたが、チームはシャープに、そして規律とエネルギーを持って守り続けた。彼らは、世界最高のチームの1つを遅らせ、時には苦しませた。最後の最後まで攻撃に出ていた」と評した。

 一方、ネガティブな面としては、「ベルギーの最初のゴールまでは何もなかったが、結果的にはディフェンスは脆かったといえる。2失点目があまりに早かったことは残念だった。2点リードからの逆転は決して褒められたものではないが、日本は最後まで攻めた代償を払っただけだ。あまり批判されるべきではないだろう」としている。

 採点では、西野明監督を「7」とし、最高点は長友佑都、香川真司、乾貴士の「8」となった。一方最低点は、柴崎岳の「5」となっている。

 世界のトップ相手に素晴らしい戦いを見せた日本。海外メディアも、選手たちのパフォーマンスには感銘を受けているようだ。(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ決勝T組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 海外メディアも日本代表称賛「世界最高のチーム苦しめた」/W杯