2018.7.2 20:12

伊記者が本田と長友を応援「最強軍団を打ち負かせる」/W杯

伊記者が本田と長友を応援「最強軍団を打ち負かせる」/W杯

特集:
長友佑都
本田圭佑
伊メディア記者が元ミラノ勢の本田圭佑と長友佑都を応援

伊メディア記者が元ミラノ勢の本田圭佑と長友佑都を応援【拡大】

 2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦する日本について、イタリアメディア『メディアセット』が応援記事を掲載している。

 「ニッポミラネージ(日系ミラノ人)のリベンジ」と題し、ベルギーと対戦する日本について、特集記事が組まれた。中でもミラノを本拠地とするACミランやインテルミラノでプレーした経験を持つDF長友佑都やMF本田圭佑にスポットライトを当てている。

 「誰もが何日も前から、7月7日土曜日にW杯準々決勝ブラジル対ベルギーが行われると考えている。確かにそうかもしれないが、その前にラウンド16がある」と綴り、目の前の一戦に目を向けるよう訴えた。「ブラジル対ベルギーを前に、弱者、アンダードッグ好きの私は今日、メキシコと日本を応援したい。特に小さいが大きなリベンジを企てているサムライブルーの2選手、ユート・ナガトモとケイスケ・ホンダを特別に応援したい」と力説した。

 「インテルミラノとACミランからお払い箱になった二人」としてインテルミラノに7年間所属した長友や、ACミランで3年半プレーした本田の略歴を紹介。いずれもW杯を前に出場機会に恵まれなかったミラノを去り、長友はガラタサライで、本田はパチューカで再起を図った。両者とも三度目となるW杯に出場し、本田についてはセネガル戦で3大会連続ゴールを決め、2-2の引き分けに持ち込んだ。イタリア人記者は、ベルギー戦でも日本のサプライズを期待している。

 「日本対ベルギーを皆、決めつけてないか?インテルミラノやACミランで(抗議の)笛を吹かれたがロシアで主役になったナガトモとホンダを私は信じている。ユートとケイスケの二人が、他民族で構成されたベルギーの最強軍団に抵抗できるのか見守りたい。もしかしたら打ち負かすこともできるかもしれない。私は今夜、彼らを応援し、“ナガトモのゴールパフォーマンス”であるお辞儀を一緒にするつもりだ。W杯の更なるサプライズを待っている」(Goal.com)

代表メンバーへ試合日程へ決勝T組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 伊記者が本田と長友を応援「最強軍団を打ち負かせる」/W杯