2018.7.2 19:10

出場試合は最多の10に GK川島、長谷部ら4人/W杯

出場試合は最多の10に GK川島、長谷部ら4人/W杯

特集:
川島永嗣
長谷部誠

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の1次リーグ最終戦、ポーランド戦で日本代表のGK川島(メッス)長友(ガラタサライ)長谷部(アイントラハト・フランクフルト)岡崎(レスター)の4人が、W杯の通算出場を日本選手最多に並ぶ10試合とした。

 1998年フランス大会、2002年日韓大会、06年ドイツ大会に出場した中田英寿の記録がこれまでの最多。その後のW杯3大会を中心選手として支えた4人が、ベルギーとの決勝トーナメント1回戦に臨んだ。

 川島は10年南アフリカ大会直前に定位置をつかみ、W杯日本代表史上最年長の35歳で今大会を迎えた。1次リーグのセネガル戦などでミスはしたが、西野監督の信頼は厚い。

 長友はW杯デビューだった10年大会1次リーグ初戦のカメルーン戦で相手エースのエトーを封じて鮮烈な印象を残した。活発な上下動で左サイドを支え、31歳の今も衰えていない。

 主将を務める長谷部は34歳。10年大会ではゲームキャプテンを任された。以来、歴代の監督から重用され、欠かせないリーダーとして奮闘してきた。32歳の岡崎は10年大会、前回14年ブラジル大会で得点。今大会のポーランド戦に先発し、歴代3位に並ぶ国際Aマッチ通算116試合出場も達成した。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 出場試合は最多の10に GK川島、長谷部ら4人/W杯