2018.7.1 05:02

「弱点は川島」ベルギー公共放送がバッサリ…日本戦は“予行演習”/W杯

「弱点は川島」ベルギー公共放送がバッサリ…日本戦は“予行演習”/W杯

特集:
川島永嗣
1次リーグのセネガル戦で失点した際の川島(左)。ベルギーメディアの“期待”を裏切る活躍を見せる!(共同) 

1次リーグのセネガル戦で失点した際の川島(左)。ベルギーメディアの“期待”を裏切る活躍を見せる!(共同) 【拡大】

 ベルギーの公共放送RTBF(電子版)が日本の戦力を分析。その“弱点”を厳しく指摘した。

 ベルギーの公共放送が、日本の守護神をバッサリ切り捨てた。

 「日本の弱点は間違いなくGKの川島。経験は豊富だが、プレーには不安がある」

 川島はかつてベルギーのリールス、スタンダールに在籍した。RTBFは「1次リーグ3試合ではミスで2点を献上した。コロンビア戦ではFKへの反応が遅れ、セネガル戦ではパンチング(ミス)でマネに得点を許した」と酷評した。

 日本の右サイドも弱点として挙げた。「原口の動きにさえがない。左サイドの乾ほどのインパクトがない」。MF原口ら右サイドと、MFカラスコらベルギーの左サイドの攻防がポイントとなりそう。日本の強みについては、「大迫に運動量があり、驚くほど多くのプレーに絡む。左サイドの乾と長友は疲れ知らず」と攻撃面を評価した。

 一方、同国の地元紙「HLN」は「ベスト16で日本を相手にウオーミングアップした後、ブラジルに対してその力を証明する必要がある」と指摘。日本戦は“予行演習”で、ブラジルと当たる可能性がある準々決勝に早くも関心が向いているようだ。

代表メンバーへ試合日程へ決勝T組み合わせへ

  • 日本とベルギーの比較
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 「弱点は川島」ベルギー公共放送がバッサリ…日本戦は“予行演習”/W杯