2018.6.30 08:00(1/2ページ)

【ゼムノビッチが斬る!】日本側の山に強豪中の強豪が…やや偏った印象

【ゼムノビッチが斬る!】

日本側の山に強豪中の強豪が…やや偏った印象

特集:
ゼムノビッチが斬る!
決勝トーナメント組み合わせ

決勝トーナメント組み合わせ【拡大】

 J1清水の元監督で日本と欧州のサッカーに精通するズドラヴコ・ゼムノビッチ氏(64)が、決勝トーナメントの展望を語った。ブラジルやフランスなどの強豪がそろう日本側を“死の山”とし、日本のベルギー攻略の鍵は司令塔のMFケビン・デブルイネ(27)封じにあると提言した。

 一発勝負の戦いは、日本側の山に強豪中の強豪が集まった。フランス、ブラジル、ベルギー…。FWのC・ロナウド率いるポルトガルに、FWメッシ擁するアルゼンチンもいる。

 世界のベスト16だから強いのは言うまでもないが、やや偏った印象を受ける。これらのチームが準々決勝でつぶし合う可能性もあり、欲を言えば決勝で見たいカードもあるくらいだ。

 中でも有力はブラジル。エースFWネイマールが個人技に走らず周りを生かしていて、連係がかみ合っている。1次リーグの戦いは最も安定しており、80%の力で突破した。優勝をつかみ取る余力が十分残っている。

 反対側の山では、スペイン、クロアチア、スウェーデン、イングランド、これらがベスト4の有力とみる。注目の選手を挙げるならクロアチアの中盤を支えるMFモドリッチ。パスをミスしない。自らシュートを放つ。守備に隙もない。さすがレアル・マドリードで10番を背負うだけあり、リーダーとしてもチームを束ねている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【ゼムノビッチが斬る!】日本側の山に強豪中の強豪が…やや偏った印象