2018.6.29 07:49

武藤、絶好機逃がし悔やむ「冷静になっていたら」/W杯

武藤、絶好機逃がし悔やむ「冷静になっていたら」/W杯

特集:
武藤嘉紀
前半、シュートが決まらず悔しがる武藤=ボルゴグラード(共同)

前半、シュートが決まらず悔しがる武藤=ボルゴグラード(共同)【拡大】

 ロシアワールドカップ1次リーグH組(28日、日本0-1ポーランド、ボルゴグラード)3試合目にして先発の機会を与えられ、W杯のピッチに初めて立った25歳の武藤は不完全燃焼だった。「点を取るチャンスはあった。それができなかったからこそ、こういう結果になった」と黒星を悔しがった。

 前半に右足で自ら狙ったシュートはGKに阻まれた。それ以上に悔やんだのは相手陣内深くでパスをカットした場面。フリーの宇佐美につなげれば絶好機になっていただけに「冷静になっていたら」と悔やんだ。

 決勝トーナメントで起用されるとすれば途中出場の可能性が高そうだ。武藤は「ラッキーボーイにならないと」と自らに言い聞かせた。(共同)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 前半、シュートを放つ武藤=ロシア・ボルゴグラード(撮影・甘利慈)
  • 前半ヘディングする武藤=ロシア・ボルゴグラード(撮影・中井誠)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 武藤、絶好機逃がし悔やむ「冷静になっていたら」/W杯