2018.6.29 06:33

MOMは岡崎…英『BBC』日本代表採点は14人中12人が及第点以下に/W杯

MOMは岡崎…英『BBC』日本代表採点は14人中12人が及第点以下に/W杯

特集:
西野JAPAN
岡崎慎司
MOMは岡崎…英『BBC』日本代表採点は14人中12人が及第点以下に/W杯

MOMは岡崎…英『BBC』日本代表採点は14人中12人が及第点以下に/W杯【拡大】

 イギリス『BBC』は、0-1で終わった日本代表対ポーランド代表の一戦における採点を発表し、岡崎慎司がプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選出された。

 28日に行われたワールドカップのグループH第3戦で、ポーランド代表と対戦した日本代表。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる重要な一戦で、西野監督は前節からスタメンを6人入れ替えて臨んだ。0-0で迎えた59分にヤン・ベドナレクにゴールを許し、その後も1点が遠く0-1で敗れた。しかし、フェアプレー・ポイントの差でグループ2位に立ち、2大会ぶりのベスト16進出が決定した。

 『BBC』試合後、ユーザー投票による採点を発表。この試合に先発で出場し、47分までプレーした岡崎慎司が両チームを通じて最高となる6.42点を獲得。次点に吉田麻也が6.25点で続いた。出場した14人中、12人が及第点以下と厳しい評価になった。

 一方、ポーランド代表のトップはウカシュ・ファビアンスキの5.57点となっている。

 日本代表の採点は以下の通り。

 岡崎 慎司6.42
 吉田 麻也 6.25
 川島 永嗣 5.99
 長友 佑都 5.80
 酒井 宏樹 5.65
 武藤 嘉紀 5.65
 宇佐美貴史 5.56
 槙野 智章 5.45
 山口 蛍 5.42
 柴崎 岳 5.39
 酒井 高徳 5.36
 大迫 勇也 4.80
 乾 貴士 4.47
 長谷部 誠 4.23

(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • スタンドの声援に応える本田=ロシア・ボルゴグラード(撮影・中井誠)
  • スタンドの声援に応える日本代表イレブン=ロシア・ボルゴグラード(撮影・中井誠)
  • 後半、ポーランドのベレシニスキ(左)と競り合う長友=ボルゴグラード(共同)
  • 後半、先制ゴールを許し、さえない表情の(左から)吉田、槙野、GK川島=ボルゴグラード(共同)
  • 後半、パスを出す吉田=ロシア・ボルゴグラード(撮影・中井誠)
  • 後半、ゴール前のボールに飛び込む吉田(上)=ボルゴグラード(共同)
  • 後半、パスを出す乾=ボルゴグラード(共同)
  • 後半、ポーランドのベドナレク(左から4人目)が先制ゴールを決める。GK川島=ボルゴグラード(共同)
  • 後半、失点し、ゴール裏から声をかける長谷部(右)=ボルゴグラード(共同)
  • 後半、宇佐美(手前)にボールを渡す香川=ボルゴグラード(共同)
  • 後半、攻め上がる大迫=ロシア・ボルゴグラード(撮影・中井誠)
  • 後半ポーランド選手と競り合う武藤=ロシア・ボルゴグラード(撮影・中井誠)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. MOMは岡崎…英『BBC』日本代表採点は14人中12人が及第点以下に/W杯