2018.6.27 12:20

ブラジル人記者が日本戦会場でセクハラ被害も男を果敢に撃退/W杯

ブラジル人記者が日本戦会場でセクハラ被害も男を果敢に撃退/W杯

 ロシア・ワールドカップのグループH日本対セネガル戦の会場で、ブラジル人女性リポーターが中継中、セクハラ被害に遭った。イタリア紙『ラ・レプブリカ』など各国の複数メディア各紙が25日、伝えている。

 初戦でコロンビアに勝利した日本は24日、エカテリンブルグでセネガルと対戦。2度のリードを許すも同点に追いつく白熱した展開となった。試合はドローに終わり、日本はセネガルとともに4ポイントで首位につけ、決勝トーナメント進出を視野に入れた。

 だがこの試合の開始前、ブラジルメディア『グロボ』の女性リポーターであるジュリア・ギマランイスさんが、中継中にセクハラ被害に遭っていたことが発覚している。女性リポーターがスタジアムの前で番組の中継をしていると、眼鏡をかけた謎の男性が画面左側から乱入。女性リポーターの右頬にキスをしようとした。リポーターはすぐさま異変を察知し、体を反らせたため事なきを得た。この後、ギマランイスさんは果敢にも、「二度としないで。こんなことは許さないわ。無礼だし、間違っているわ。女性に対して、こんなことは絶対しないで。リスペクトよ」とまくしたて、男性が謝罪するに至っている。

 なおロシアW杯では、これまでもスウェーデンとコロンビアの女性記者が中継中にセクハラ被害を受けており、これで3回目になる。また日本の初戦、コロンビア戦が行われたサランスクでは、コロンビア人男性が日本人女性に不適切な言葉を口にさせる動画を拡散され、問題となった。(Goal.com)

試合日程へ勝敗表へ決勝T組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. ブラジル人記者が日本戦会場でセクハラ被害も男を果敢に撃退/W杯