2018.6.27 18:10(1/3ページ)

ポーランドのサイドアタックに注意…敗退決まったからといって侮れる相手ではない/W杯

ポーランドのサイドアタックに注意…敗退決まったからといって侮れる相手ではない/W杯

ポーランドのサイドアタックに注意…敗退決まったからといって侮れる相手ではない/W杯

ポーランドのサイドアタックに注意…敗退決まったからといって侮れる相手ではない/W杯【拡大】

 ■低いモチベーションで来るとは思えない

 すでに敗退が決まっているポーランドがどういう布陣で来るのかは非常に読みにくい。

 グループHのもう一つの試合、セネガル対コロンビアの試合結果に関係なく、決勝トーナメント進出を決められる状況は日本にとってアドバンテージではある。しかし、ポーランドが低いモチベーションで来るとは想定しないほうがいいだろう。ただ、日本を徹底的に分析して対策を立ててくるより、本来の特徴を前面に押し出す戦い方をしてくるかもしれない。

 第2戦・コロンビア戦でアダム・ナバウカ監督は3バックを採用したが、この日本戦はおそらく本来の4バックで、基本的には4-2-3-1で来るはず。

 その中で、エースのロベルト・レバンドフスキ(Bミュンヘン)をスタートから出してくるのかフレッシュな布陣にするかは蓋を開けてみないと分からないものの、参加国の中でも屈指の破壊力を誇るサイドアタックと、FWの力強いフィニッシュワークは日本のディフェンスにとっても脅威だ。

 ■ドリブル、クロス。特長は強烈なサイドアタック

 ポーランドは攻撃の大半がサイドから繰り出される。

 中央で一度起点を作り、そこからサイドに展開する形を取るため、中盤でいかにプレッシャーを掛けるかがまずは重要になってくる。サイドが危険だからと言って、あまりにディフェンスがワイドに引っ張られると、ボランチのグジェゴシュ・クリホヴィアク(ウェストブロミッジ)から前線のレバンドフスキに一発で縦パスが出てくるからだ。そのため、起点にプレッシャーを掛け、サイドに展開されたらそこから良いクロスを上げさせないようにするという2段階のディフェンスが求められる。

 サイド攻撃といっても起用する選手によるディテールの違いはある。

 例えばサイドハーフにトップ下が本職のピオトル・ジエリンスキ(ナポリ)が起用されれば、サイドバックから攻め上がるウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント)やマチエイ・リブス(ロコモティフ・モスクワ)を追い越して使うプレーを展開する。一方、生粋のサイドアタッカーであるカミル・グロシツキ(ハル)が左サイドハーフに入れば、単独のドリブルで勝負してくる傾向が強くなる。

 またクロスに対するゴール前の入り方もセカンドトップ(あるいはトップ下)と逆サイドのチョイスで変わる。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. ポーランドのサイドアタックに注意…敗退決まったからといって侮れる相手ではない/W杯