2018.6.24 05:00

大舞台のピッチ、芝整備は日本製 鮮やか切れ味10台採用/W杯

大舞台のピッチ、芝整備は日本製 鮮やか切れ味10台採用/W杯

日本企業の芝刈り機(IHIアグリテック提供)

日本企業の芝刈り機(IHIアグリテック提供)【拡大】

 W杯ロシア大会で、日本企業の芝刈り機がピッチの整備機材として採用された。農機や芝草管理用の機械を専門とするメーカー、IHIアグリテックによると、4輪の乗用タイプでロシアにある取引先の販売店を通じ、約10台がW杯用として採用された。芝の長さをそろえる精度の高さが売りで、ゴルフ場のグリーン周りにも使える性能を持つ。

 同社の販売企画担当の小江雅彦さんは、採用理由を「ロシアでは壊れにくい日本製品の評価が高い。日本刀の切れ味をイメージしてくれたのかも」と分析。大会期間中、美しい芝の上でゴールが次々と生まれることを期待している。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 大舞台のピッチ、芝整備は日本製 鮮やか切れ味10台採用/W杯