2018.6.22 23:13

酒井高、新シーズンはHSV主将せず?指揮官「本人がそう考えられると」

酒井高、新シーズンはHSV主将せず?指揮官「本人がそう考えられると」

特集:
酒井高徳
HSV指揮官「本人がそう考えられると」

HSV指揮官「本人がそう考えられると」【拡大】

 日本代表DF酒井高徳は、所属クラブのハンブルガーSV(HSV)でキャプテンマークを外すことになるかもしれない。ドイツ紙『ビルト』が伝えた。

 2016年秋、当時指揮を執っていたマルクス・ギスドル氏が指名され、ブンデスリーガ初の日本人キャプテンに就任することになった酒井。しかし、HSVとの契約の2020年までの延長に至ったSBは、クラブ史上初の2部でのシーズンに向けて、キャプテンマークを同僚に譲ることを考えているようだ。

 これについてクリスティアン・ティッツ監督は次のように明かしている。

 「ゴウトクはリーダータイプのプレーヤーだ。でも、その(キャプテンの)役割をほかの誰かが担うことも考えられると話している。チームにとってそうするメリットがあればの話だがね」

 なお、すでに新シーズンに向けて始動したHSVだが、ティッツ監督曰くコーチ陣がメンバー6人の“チーム委員“を指名するとのこと。その中からチームがキャプテンを選ぶことになるという。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 酒井高、新シーズンはHSV主将せず?指揮官「本人がそう考えられると」