2018.6.2 15:12

バイエルン・レヴァンドフスキ、去就への明言を避ける「それらは代理人に任せている」

バイエルン・レヴァンドフスキ、去就への明言を避ける「それらは代理人に任せている」

バイエルン・レヴァンドフスキ、去就への明言を避ける「それらは代理人に任せている」

バイエルン・レヴァンドフスキ、去就への明言を避ける「それらは代理人に任せている」【拡大】

 Bミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、自身の去就についてのコメントを避けている。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えた。

 レヴァンドフスキの代理人を務めるピニ・ザハーニ氏は先日、「ロベルトは新たな変化、新たな挑戦がキャリアに必要なときなんだ。バイエルンの首脳陣もそれについてはわかっている」と発言。同選手がバイエルンとの2021年までの契約を全うせず、今夏の移籍を希望していることを示唆した。

 それについて、取材陣が代表キャンプに参加中のレヴァンドフスキに取材。すると、同選手は「それらは代理人に任せている」とコメント。また「僕はワールドカップに向けての準備に集中している。それが一番大事。それ以外のことは何も考えていないよ」と続け、自身の去就に関する明言を避けた。

 以前の報道によれば、レヴァンドフスキはザハーニ氏と今年8月31日までの契約を締結しているという。今夏に30歳となるストライカーへの興味が伝えられるのはパリサンジェルマン、チェルシー、マンチェスターU。バイエルン側はその移籍を容認するのだろうか。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. バイエルン・レヴァンドフスキ、去就への明言を避ける「それらは代理人に任せている」